バイクでサーキット!それは立派な、そして誰でも楽しめるスポーツなんです!

バイクでサーキット。

 

危ないんじゃない?お金が掛かりそう?うーん、敷居が高いよね。

 

いえいえ、あなたのバイクが大好きだ、バイクで走ることが大好きだという気持ちと好奇心、そしてほんのちょっとの努力でその敷居は簡単に飛び越えられるんです。


バイクでサーキット、自分には無理じゃない?

危ないんじゃない?

 

はっきり言いましょう、サーキットの安全対策は素晴らしくレベルが高いです!

 

例えば筑波サーキット。私もよく走る、スポーツ走行の例えばC枠(もっとも排気量が小さく、設定タイムも決して速くはないクラス)であっても、9個の監視ポスト(レースの際は11個に増えます)にコース職員の方が2名ないし3名が待機(合計20人~30人前後!1学級じゃん!)しており、万が一転倒しても素早くライダーとバイクを安全なエリアへ退避してくれます。転倒したライダーの具合が悪いことが予想される際は即座に無線で連絡が飛び、救急車がコースを疾走(!)、あっという間にコース内に常設された医務室へ運ばれ検査をして頂けます。

 

そして転倒地点前ではイエローフラッグ、転倒地点後ではグリーンフラッグが振られコースを走行しているライダーが安心して走行を続けられるような配慮がなされます。

 

路面は美しく整備・掃除がされており、走行の合間合間にも目立つゴミや転倒で落ちた破片、オイルはしっかりと処理されます(このあたり筑波サーキットは流石、です)。

 

ルール違反を犯したライダーは厳しく注意されます。場合によってはライセンスを一定期間はく奪されるようなことすらあります。ここまで厳しく目を配るからこそ、

 

安全に、非日常の世界を垣間見れる

 

わけです。

 

対して峠。いや、比べるまでもないですね。路面は汚い、荒れている。コースを監視する方もいなければ事故を起こしても誰も合図してくれない。到底、思い切ってスポーツを楽しむ!なんてことはできません。

 

お金が掛かりそう?

 

もちろん、地方選手権に年間を通して参戦するような「ハイエンドな楽しみ方」をすれば、とてつもなくお金が掛かります。

 

しかし、意外にもサーキットは懐が広いんです!

 

例えば、ショップ主催の走行会であれば、いつも乗っている街乗り用バイクにテーピングするだけで走ることができます。トランスポーターも不要ですしタイヤウォーマー、発電機も要らない。なんと、サーキットライセンスやMFJライセンスすら、要らないんです!

 

走行会しか走らないライダーだって、立派な「サーキットライダー」。冬を除いた春から秋を、2か月に1回くらい、サーキットランを楽しむ。1回あたりの参加費用は2万円前後。

 

如何でしょう、ぐっと身近に感じません?






バイクでサーキット、なにがそんなに楽しいの?

仲間ができて楽しい!

 

バイクでサーキットに通うようになれば、それが1年に数回程度の回数であっても「新しい仲間」ができます!

 

私も最初この話を聞いた時には、ほんとかなあ・・・と思っていたのですが・・・ホントでした(笑。同じ場所で同じことを頑張る仲間、刺激にもなりますし何しろ楽しい!意外と?サーキットライダーは皆気さくで品行方正です、恐らく「ライバルを信頼しないとできない」スポーツだからなのではないかと思います。トップライダーも目つきこそ鋭いですが、タイミングを見て話しかければいろいろアドバイスをもらえるかも?

 

真剣なスポーツとして楽しい!

 

バイクでのサーキットライディング。いくらサーキットの職員さんが安全性に配慮してくれているとはいえ、やはり250cc単気筒の小排気量バイクであっても時速140km/h前後でノーブレーキのまま100Rに飛び込む・・・!なんてことやるわけですから、それは自分の限界に挑戦する「素晴らしく真剣なスポーツ」なのです。

 

翻って、普段僕らが「楽しい」と思うことはなんでしょう?

 

カラオケ?飲み会?パチンコ?

 

サーキットランを楽しむようになると、これらの「楽しさ」と「真剣な楽しさ」が、まったく別物であることが「実体験として」体感できます。己を磨いて限界を少しでも推し進める。見えない世界へ踏み込む。これは、上手い、下手、ベテラン、初心者、速い、遅い、関係ありません。要求されるのは「真剣か、否か」だけです。

 

あなたが「真剣にサーキットラン」に取り組むとき、今までとは「異質の楽しさ」を見つけることができるでしょう。これは、一生モノです!

 

愛車の性能を引き出せて楽しい!

 

バイクは、公道ではその性能の20%も発揮できていないのでは、と僕は思います。

 

およそ世間から「スポーツバイク」として認められてないような小排気量バイクでも、バンク角45度以上でヒザをズリズリしながらコーナーを抜けるスペックを持っています。最近のリッターバイクであればそのジャンルがスーパースポーツであろうがツアラーであろうが、なおのこと。

 

愛車の本当の姿、見てみたくありませんか?タイヤのフチ、端っこまで使ってみたくありませんか?

 

びっくりするくらい、バイクは速いんです!ぜひ体感してください!

 


関連記事