まるで峠、の袖ヶ浦フォレスト。関東地区は千葉県に、こんなサーキットがあるんです。

名前に「フォレスト」を冠するだけあって、コース外側に幅30メートルの森林帯を残しさらに敷地内に10,000本の植林をし環境保全に配慮したコース。

 

  • 全長:2436m
  • コース幅:15~18m
  • ホームストレッチ:400m
  • コーナー数:14

 

筑波サーキットより一回り長くそして広く、適度なアップダウンが楽しい、峠のようなサーキットです。いろいろと特徴的なところがあるこの袖ヶ浦フォレストレースウェイ、通称「ガウラ」ですが、我々サンデーバイクレーサー視点からみると

 

  • 兎に角コーナーが多くて楽しい!登って下る第5ターン~7ターンの通称「左高速」
  • みんなが見てる第8ターン、通称「ギャラリーコーナー」
  • 落とし穴付き(失礼、修理済です!)、ここで1秒差が出る「曲がって登り」の第1ターン

 

など、攻略しがいのあるテクニカルなコースです。

 

特に小排気量バイクは第1ターン、第4ターンが「低速なくせに曲がってから登る」ためここでいかに速度を残して回転をキープするかが攻略の肝です。また5-6-7の左高速をだらだらこなすか、きっちりとミドル→イン→ミドルで「コーナリング」できるかも、大きくタイムに影響するところです。

 

先に書いた「落とし穴」、ほんのちょっとですが1コーナーのレコードライン上に「湧水」が出る穴が開いてるんですよね・・・これホント何とかしてほしいです。

 

【2014年12月追記】
・・・穴、補修されてました!バイクでフルバンクで乗り上げてもなーんにも問題ありません!
  よかった!関係者の方に深くお礼申しあげます。ありがとうございました♪

 

あと、バイクのみですが1コーナーアウト側に白線が引いてあり、危険防止のために(ランオフエリアが小さいため)その白線ははみ出し禁止になっています。だいたい3週連続ではみ出すとブラック振られてお説教されます(経験者は語る)。

 

路面は良好です、かなりグリップはいいと思います。

 

雨が降ると排水が悪く特に第4ターンが池になってしまうのも泣き所。でも、こんな本格的なコースが館山道姉崎インターからわずか15分の箇所にできた、ってことはホントに素晴らしいことだと思います。はい。







関連記事