袖ヶ浦フォレストのレース・イベントに出よう。

走行会、スポーツ走行。

 

練習していくうちにタイムも出てきます。初めは抜かれるだけだった走行も、少しずつ慣れてきて軽いバトルのような楽しみ方ができるようになってきました。もっと本格的に競い合いたい・・・ほかのバイクとバトルがしたい・・・!

 

そう思ったら、バイクレースに出るしかありません!が!

 

袖ヶ浦フォレストにおいて、本格的なバイクのレースは開催されていません。ひょっとしたらそれは騒音問題かもしれませんし、それ以外かもしれません。

 

でも、敷居の低い袖ヶ浦フォレストならではの、バイクレースっぽいイベントがあるんです!


マル耐。

「WithMe」さんのサイトより、画像をリンクさせて頂きました。

 

バイクショップ?WithMe「マル耐」のサイトには、こんなことが書いてあります。

 

「"レース"っていうと、そらカッコイイし憧れるけども、ライセンスが必要だったりマシン造り込まなきゃだったり装備を準備したり、あれこれ大変だしさぁ、何より予算がねぇ。いやぁ、やりゃ出来るよって言うのはそれはごもっともだと思うけれど、ほらあれだ、時間とお金掛けて頑張って一発レースに出てみてだ、あんまし面白くなかったらねぇ…って思うと、なかなか始められたもんじゃないさねぇ。」

 

 そんな感じのこと、考えたことある人、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?僕らとしては、それはもっともですけども、とにかく一度出てみなさんなと、面白くないことなんて絶対無いからさぁと、言いたいところなんですけどねぇ。特に走行会で楽しく走ってらっしゃる方には、特にですよ。

 

 せめて レースの雰囲気を気軽に楽しめる場があったらなぁ…無いよねぇ…だったら…

 

僕らで造っちゃいましょうよ!

 

これ!これです、これこそが「マル耐イズム!」

 

  • レースのすそ野を広げよう
  • 「レース初めて」どころか、「サーキット初めて」でも参加できるレースをやろう

 

という意思において、WithMe代表の「あの」丸山浩さんが主催している「レース風走行会」です。そのエンターティメントさといえばぶっちぎりで、

 

  • 予選が「自分の足」で走るリレー「マッスルリーグ」だったり
  • タイヤ交換大会「メカリーグ」があったり
  • バイククイズ大会「インテリーグ」があったり
  • あまつさえそれぞれのリーグの上位になると週回数が加算されたり(しかもそれがまったく小さくない!)

 

レースというよりも

 

大運動会的

 

な雰囲気なのです。もちろんコース上に出てしまえばそれはマジ、安全性にはたいへんなお気遣いをされています(ペースカー多め)。

 

筑波のレースよりは間違いなくフレンドリーなので、まずはこのマル耐でレースっぽさを体験してみてはいかがでしょう。

 

私ももちろん参加していますし、お友達もたくさん参加しています。

 

ただ、参加するなら規約書はちゃんと読んでから参加しようぜ!ペースカー追い抜くヤツがいるんだもの、おじさん参っちゃうよ。


袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催される、マル耐久の参加レポートはコチラ

関連コンテンツ