桶川スポーツランドのコースを紹介。

【スポンサード リンク】

その激しさはジェットコースター!コンパクトなコーナリングを堪能できる、桶川スポーツランド。関東地区における小規模サーキットの聖地。

荒川の河川敷という平坦な立地を生かした、珍しい左回りのース。

 

  • 全長:840m
  • コース幅:6~12m
  • ホームストレッチ:155m
  • コーナー数:10(プラス、シケインの左右切り替えし1セット・・・なぜかコース図上ではコーナー番号がついてない)

 

高低差はわずか1.3m。ほとんどフラットなコース、我々サンデーバイクレーサー視点からみると

 

  • ストレートから一気に回り込む2コーナー、3コーナー
  • 「リズムゲー」と常連に称される7コーナー、8コーナー
  • 腕の差がでる大きく回る9コーナー

 

など、コンパクトながら攻略しがいのある超難コースです。

 

ミニバイクの聖地ではありますが、最近流行りの中型軽量マシンであれば、このコンパクトなコーナーを恐ろしいバンク角で走り抜けることができます。また、ツワモノはスクーターでこのコースを縦横無尽に走りまわる!

 

大雨が降ると恐ろしいことにコースが水没するというなんとも自然の驚異を感じてしまうコースではありますが、職員さんや常連ボランティアの献身的なご尽力で速やかに復旧しちゃうのもまた見事。





【スポンサード リンク】


桶川スポーツランドのコースを紹介。 関連記事はこちら

桶川スポーツランドのコースを紹介。

荒川の河川敷という平坦な立地を生かした、珍しい左回りのース。全長:840mコース幅:6~12mホームストレッチ:155mコーナー数:10(プラス、シケインの左右切り替えし1セット・・・なぜかコース図上ではコーナー番号がついてない)高低差はわずか1.3m。ほとんどフラットなコース、我々サンデーバイクレ...

≫続きを読む

動画で解説!桶川スポーツランドの攻略!!

桶川スポーツランド。通称、桶川。または桶スポ。コンパクトなコースと侮るなかれ、数々のWGPライダーを育て上げた・・・どころか、現役のWGPライダーがオフシーズンに走りに来ることすらある名門コース。タイトかつトリッキーなコーナーを攻略するには、リズミカルで積極的なコーナーワークが欠かせません。とはいえ...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP