腰上オーバーホール。その2ヘッド編。

【スポンサード リンク】

ヘッドです。これはちょっとコツがいる。

シリンダーヘッド。

 

これ、ものすごく重要な部品です。オーバーホールする上でのポイントは

 

  • バルブの傷、歪み
  • バルブシートの傷、あたり幅、あたり具合
  • バルブガイドの摩耗
  • バルブシールの交換

 

などです。このわずかなスペースではすべてを語れませんがので、私が行った作業のみ記載します。

 

  1. 全ての(と言っても4つですが)のバルブをバルブスプリングコンプレッサーで取り外す。
  2. バルブを洗浄し、曲がりとあたり面の傷をチェック
  3. ヘッドを洗浄し、バルブシートの傷とあたり幅をチェック。あたり幅はサービスマニュアルを参照し正確な数値を確認すること。
  4. バルブシールを交換

 

今回は上記すべて異常がなかったので、バルブコンパウンドは使用せず軽くオイルのみ入れた状態でタコ棒を使用して共擦りを行いました。


バルブシートチェック。

共擦りを済ませたらもう一度バルブとヘッドを洗浄します。

 

そしてバルブを位置を間違えないようにセットし(パコパコといい音がするはず)、水平面を保ちヘッドを裏返しにおきます。

 

そこへ灯油を注ぎ込む!

 

この灯油が20分経っても漏れない・減らない場合、バルブシートの密着度は合格!となります。

 

灯油って相当さらさらしてますので表面張力は期待できません、僅かでもシートあたり面に隙間があればダバダバと流れてしまいます。

 

その場合はバルブコンパウンドタコ棒を使用して、本格的にバルブ摺合せを行う必要があります。

 

面倒くさいんですがここの密閉度が悪いとてきめんに馬力が出ません!機会があれば一度プロに頼んでバルブのシートカット&摺合せをやってもらってみてください。その成果にびっくりしますよ。

 

幸い、今回は問題なし!でした。



バルブスプリング取り付け。

めでたくシートの密着度がOKでしたので、さっさとヘッドを組み立てます。

 

またまたバルブスプリングコンプレッサーを使ってバルブスプリングを組み付けます。特に難しいことはありませんが、コッターを無くさないように気を付けましょう。

 

まあ、コッターだけではなく小物は部品取りエンジンなどから集めておいて、手元に置いておくと何かと捗ります。

 

バルブスプリングの上下も指定があります。マニュアルを見て、間違えないように。


ヘッド取り付け。

組みあがったヘッドを取り付けます。

 

先ほどシリンダーを乗っけて放置(笑)していたマシンに、シリンダーを載せます。作業スペースが狭いのでくれぐれもあわてず、カムチェーンを落とさないように(SRX250なら落としてもなんとかなりますが4発センターカムとかだと地獄を見るとか・・・)気をつけましょう。

 

ヘッドが乗ったらボルト止めです。

 

ここはトルクレンチの出番です。

 

対して、カムホルダのボルト、これもサービスマニュアルによれば指定トルクがあるのですが、私の場合(あくまでも私の場合です)M6のボルトにはトルクレンチを使用しません。メガネレンチを使用し、手ごたえを頼りに均等に締めつけます。

 

これは、トルクレンチを使用した時に弱ったメネジの手ごたえを感じ取れずなめてしまった経験があるからです。

 

じゃあ、手でどれらいの強さで締めればいいのか?

 

これば経験で学ぶしかありません。ひとつだけ言えるのは、「工具の大きさには理由がある」ということです。ネジを(緩めるときはまだしも)締めるときに、その工具は普通の人が普通の力を入れたときに問題なく締め付けができるように大きさ(長さ)が決まってます。大きいボルトは長いレンチ、小さいボルトは小さいレンチ。

 

レンチを力の限り握りしめ、チカラいっぱい締め付ける

 

なんてことは、あり得ないんです。

 

ヘッドが乗ったらカムを載せてバルブタイミング合わせちゃいましょう。マニュアル通りにやればOKです。



タペットクリアランス調整。

さあ、バルブタイミングを取ったらタペットクリアランス調整。

 

あとわずかです、息切れしてきましたが頑張りましょう。

 

先ほどの様にTレンチでクランクを回してピストンを上死点に位置させたら、シックネスゲージを使用してタペットクリアランスをチェックします。

 

このクリアランスがゼロ、つまりバルブシムとカムが常に接触している状態ですと圧縮が掛からずエンジンが掛かりません。

 

この値もサービスマニュアルを参照し、指定通りにできるだけ合わせましょう。シム式のエンジンの場合、このシムというおはじきを物理的に入れ替えて指定のクリアランスに収める必要がありますがこのシムが意外と高い・・・

 

部品取りエンジンなどを手に入れることがありましたら、先ほど説明したコッターやダウエルピン、重要箇所のボルト等とあわせてこのシムをGETしてコレクションしておきましょう。

 

多くのDIY派アマチュアレーサーは、皆このおはじきセットを持っているはずです!


小さな知恵。

こねたです。

 

めんどくさいんですがタペットクリアランス調整の時にシムを入れ替えるにはわざわざカムを外さないといけません(純正特殊工具を使うと外さなくていいらしいが・・・)。

 

せっかく取ったバルタイが狂うとしゃくなので、タイラップでカムスプロケとカムチェーンを縛っておくとバルタイがずれることがありません。



ヘッドカバーを付けて、完成!

タペットクリアランスを取ったら後はわずか。

 

ヘッドカバーを取り付け、キャブをつけ、マフラーを装着し、は300Vを1.5リットル注ぎます。何度もクランキングさせてオイルを回したら一度オイルフィルターカバーを外して間違いなくオイルが回っていることを確認します。

 

合わせて点火系統のチェックを行ったらタンクを載せてガスを流します。

 

チョーク代わりにFCRを数回あおって祈りを込めてセルスイッチオン!

 

圧縮がきっちり回復したエンジンは、あっさり始動してくれました。住宅街ですからここであおることはできません、今日はこれで作業完了です。

 

お疲れ様でした!9時から初めてきっちり12時、これからお昼を作って家族サービスです。


【スポンサード リンク】

よく読まれています!


腰上オーバーホール。その2ヘッド編。 関連記事はこちら

腰上オーバーホール。その1シリンダー編。

あーあー、やっちゃった。オイル上がりです。オイル管理が悪く、腰上にダメージを与えてしまいました。ベストラップをたたき出して(14秒台だから遅いよ)いい気になっていたらアレアレ白煙が・・・オレンジボールを出されるほどではありませんでしたが大事を取って引き上げました。その日のうちに(ここ重要、トラブルシ...

≫続きを読む

腰上オーバーホール。その2ヘッド編。

シリンダーヘッド。これ、ものすごく重要な部品です。オーバーホールする上でのポイントはバルブの傷、歪みバルブシートの傷、あたり幅、あたり具合バルブガイドの摩耗バルブシールの交換などです。このわずかなスペースではすべてを語れませんがので、私が行った作業のみ記載します。全ての(と言っても4つですが)のバル...

≫続きを読む

エンジンカバーの舐めたネジ穴をサーキットで修正

あーあー、やっちゃった。いやな手ごたえですよね、ネジを舐めちゃった。でも、仕方ないんです。○ホみたいにトルクを掛けたのであればそれは別として、25年も前のマシンでレースやっていればエンジン回りの6mmネジのねじ切りは「ある程度」は避けられません。頻繁な着脱(シリンダーヘッドカバーや、エンジンカバー、...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その1エンジンを降ろして割る。

腰下から、オイルがにじんでいるようです。アイドリング時からすでにジワリジワリとオイルがにじんできます。筑波サーキットツーリストトロフィー3月場所の予選走行中、白煙を指摘されそのままリタイヤとなったあと、根本解決のために腰下オーバーホールを決意します。よく、「エンジン以外はバラせるんですが」なんて言葉...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その2エンジンを組んで積む。

さあ、修理開始。といいつつ、もう1基のエンジンをばらします。どーして?クラックの入ったクランクケースはもうどうにもなりません。溶接しても、また振動を受けるとクラックが再発する場合が多く、例えば希少なレア車であればそういった修理もあるのかもしれませんがサーキット専用マシンではその選択肢はあり得ません。...

≫続きを読む

ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。

タイヤ。短期間で効率よくサーキットライディングテクニックを向上させるには、いいタイヤを頻繁に交換して常によい状態で走ることが必要です。タイヤがタレていてはまともに走り込めませんし、サスペンションもスプロケットも決まりません。耐久レースの後半戦を意識するような特殊な練習を除いて、「まだ持つかな?」なん...

≫続きを読む

NINJA250SLのタイヤをレースに向いたタイヤに交換しよう

では、購入したNINJA250SLをサーキットラン向けに少しだけ手を入れます。このNINJA250SLは、その名の通り(SLはスーパーライト、なのですよ)鋭いタイヤがついています。そのサイズ、なんとフロント:17インチの100/80リア:17インチの130/70ね、鋭いでしょ。しかも純正装着されてい...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントブレーキを強化しよう!

これがNinja250SLのノーマルフロントブレーキ、です。ウェーブディスクがついていて一見、ゴージャスに見えるんですが。ブレーキキャリパーは片押しスライドピストンタイプの2ピストンです。街乗りであれば軽量な車体と合わせて、必要十分な制動力を発揮するのでしょう。でも、サーキットランを考えると少々不安...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう!

4月のレースで転んじゃいました。右鎖骨を折ってしまったのはよいとして(笑)、マシンを治さないと次のレースに出ることができません。6月の筑波ツーリストトロフィーは残念ながら治癒のためにキャンセル、次のターゲットは9月の筑波ツーリストトロフィー。鎖骨は勝手に治りますがバイクは治りません。その破損個所は・...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?

うーん。一応、実践編として作業をしてみたのですが、正直このカスタマイズはあまりお勧めしません。なぜなら・・・よくなかったんです。ただ、当然のことながらバイクは乗り手の体格と腕、そして走る状況によって求める形は異なります。ですから、私がよくなかった、と判断したとしてもご覧頂いてくださっているNINJA...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

と、いうことで。スプリングだけを交換してもいまいち調子のよくなかった我が愛機、NINJA250SL。どうやらNINJA250SLは、リアをどれだけ大きく動かすか・・・?がポイントの様子。そして筑波サーキットの最終コーナーでは、90kgの巨体(ワタシw)を支えきれずダンピング不足でぐわんぐわんとピッチ...

≫続きを読む

NINJA250SLのチェーンを415に変更しよう!(公道厳禁!)

まずは、この動画をご覧ください。どーです?ちょっとすごくありません?かれこれワタシ、かなりの期間、かなりのマシンを乗ってきていますがここまでリアホイールがクルクル回るマシンは見たことがありません。しいて言えば、ノンシールチェーンを投入したモトクロッサーくらいでしょうか?私のNINJA250SLはサー...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP