NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう!

【スポンサード リンク】

NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化してみよう。

4月のレースで転んじゃいました。

 

右鎖骨を折ってしまったのはよいとして(笑)、マシンを治さないと次のレースに出ることができません。

 

6月の筑波ツーリストトロフィーは残念ながら治癒のためにキャンセル、次のターゲットは9月の筑波ツーリストトロフィー。

 

鎖骨は勝手に治りますがバイクは治りません。その破損個所は・・・

 

  • 右フロントフォークの曲り
  • カウルステーひん曲り
  • 右ハンドルのひん曲り
  • カウルのガリ傷

 

くらいで、たいした破損はありませんでした。フルバンク状態でのスリップダウンでしたから、マシンは滑っただけですのでそれほどの破損は幸いにしてありませんでした。

 

この写真、この角度だとほとんど無傷に見えますよね・・・

 

治すだけでもまあよいのですが、4月の筑波ツーリストトロフィーで感じたスプリングレートの不足を解消しちゃいましょう!

 

カウルを外すのも一苦労

 

なにしろ転んで滑ってますので、化粧ボルトの頭が削れてヘキサゴンが入りません。

 

しかたないのでバイスプライヤで摘んで強引に回します。

 

 

バイスプライヤ

  • ずいぶん安くなりました!
  • 壊れたナットやネジを回すといえば「ネジザウルス」ですが、私にいわせりゃコイツのほうがよっぽど頼りになる。
  • ネジザウルスは文字通りネジを回すしか使えませんが、バイスプライヤは使い方次第で様々な用途に使えます。
  • 工具箱に放り込んでおいて助かる工具は数ありますが、間違いなくコイツもその一つ。

オススメ

 

ネジザウルス?

 

ありゃ、いいものなんでしょうがあんなものに頼る時点でなにか間違えている気がします。異論は認める。


NINJA250SLはにはアンダーフレームがありませんから、クランクケースを使ってフロントを浮かせます。

NINJA250SLが地上にあるうちに(?)、以下のボルトを緩めておきます。

 

  • フロントアクスルナット&シャフト

 

同じく、以下を外しておきます。

 

  • ブレーキキャリーパーのボルト
  • アッパーカウル
  • サイドカウル
  • フロントフェンダー

 

次にレーシングスタンド前後を使用してNINJA250SLのタイヤを前後浮かせます。

 

そうしたらエンジンのクランクケース左右の張り出しの下に馬をかませ、フロントスタンドを抜き取ると・・・はい、簡単にフロントを浮かせることができます。

 

先ほどアクスルシャフト等のボルトは緩めていますから、簡単にホイールを外すことができます。

 

ここまできたら左右フォークを外すことなんて、造作もありませんね。



フォークトップキャップを外す

通常のバイク(NINJA250SLがまるで通常のバイクでないような言い方ですが)であれば、一つ手順が抜けていることにお気づきでしょうか。

 

そう、フォークトップキャップの緩め。

 

フォークトップキャップは通常きわめて細かいねじ山でインナーチューブにねじ込まれています。これを緩めるには、マシンにインナーチューブが組み付けられた状態で緩めないとやっかいなんですが・・・

 

NINJA250SLはフォークトップキャップがねじ式じゃあないんです。

 

え、なんだって??

 

そう、NINJA250SLのフォークトップキャップは

 

  • フォークトップキャップを押し込んで
  • Cクリップを外す

 

という作りなんです。これ、文字で書くと簡単に見えますがかーなり厄介です。なにしろ「フォークトップキャップを押し込んで」の時点で、ある程度力に自信がある男性が左右両手を使ってなんとか押し込める、という硬さ。

 

そして「Cクリップを外す」ためにはもう1本、手が必要というありさまです。もしあなたが「ジオ」のように隠し腕を持っているならともかく、一人でNINJA250SLのとフォークトップキャップを着脱するのは厄介です。

 

ということで今回試した方法はコレ。

 

 

油圧プレスで押してみました。え、そんなもの持ってないって?

 

意外に安いんです、はっきり言っておすすめです・・・!

 

12t 門型油圧プレス機

  • コレ。なんと1万3500円なんです。
  • 少々デカいですが、ガレージや自室に置いておけば本当に役立ちます。
  • 曲がったパーツの修正にも威力を発揮。
  • 正直安い分だけ作りはアレですが、素人作業には十分です。

オススメ

 

これならば、安全確実にNINJA250SLのフォークトップキャップを押し込んで、両手を使ってCリングをじっくりと外すことができちゃいます。

 

 

外れました。こんなパーツ構成です。

 

カワサキさん、インナーチューブにねじを切るくらい大したコストじゃないでしょうに・・・

 

アウターチューブのボトムボルトを外します。大抵、ここで躓くわけです。

次に、インナーチューブとアウターチューブを分離します。

 

具体的には、アウターチューブの底にあるボルトを緩めます。

 

大抵の場合、インパクトレンチでダーッと回すとするっと抜けるんですが、NINJA250SLの新車(えへへ)の場合、ネジロック材のためか、緩んでもそれ以上抜けてくれませんでした。

 

ということで、特殊工具を作成します。それがコレ。

 

 

なんのことはない、ホームセンターで

 

  • 対面17㎜の長ナット数個
  • 10㎜のステンレスずん切りボルト

 

を組み合わせています。残念ながらNINJA250SLのフォークインナーパーツの共回り防止用のナット穴は対面16㎜なので、ちょいと削る必要があります。

 

 

私は(やや反則ですが)フライス盤とC軸を使用して加工しました。たぶん、手やすり等でゴリゴリ削っても作れると思います。作れば千円くらい。特殊工具は・・・いくらでしょう、たぶん高いとおもいます。

 

こいつをインナーチューブの上からつっこんでインナーパーツにはめ、ボトムボルトを回せば無事、ボルトを抜き取ることができました。

 

 

 

手こずった・・・

 

あとは勢いをつけてスコンスコン引っ張る。

 

右手にインナーチューブ、左手にアウターチューブを持って(別に逆でもいいんですが)、スコンスコン勢いよく引っ張ればスライドメタルとシールが抜け、見事インナーチューブとアウターチューブがお別れしました。

 

すべてのパーツをウェスでぬぐい、トレイに入れておきましょう。

 



インナーチューブを交換します。

外したインナーチューブに差し金を当てて計測・・・うん。いうまでもありませんがグンニャリ曲がっています。

 

あの程度の転倒でインナーチューブ曲がるかあ?

 

NINJA250SLは軽量化のためか、同寸法のNINJA250Rより肉が薄いインナーチューブを使用しているという情報をどこかで見たこともあります。

 

まあ、ここは軽量を優先とすることで、NINJA205RではなくNINJA250SLの純正品を使用しましょう。

 

カワサキは公式サイトの「パーツ検索」から、純正部品のパーツ番号を拾うことができます。パーツ番号さえ手に入ればバイク用品のオンラインサイトから通販できちゃいます。すごい時代になりました。

 

分解の逆の手順を行い、インナーチューブとアウターチューブ、インナーパーツ、ロックピースを組み付けます。

 

 

 

念のため、ボトムボルトのガスケットシールは新品に変えておいたほうがよろしいです。100円をケチって、こんな面倒なところからオイルが滲んだら悔やんでも悔やみきれませんから。


強化スプリングをインストールします。

せっかくここまでばらしたのですから、強化フロントサスペンションスプリングを投入しましょう。

 

いくつかNINJA250SLの強化フロントサスペンションスプリングはラインナップされているのですが、私はBEETを選択しました。

 

NINJA250SLハードスプリングキット

  • 10,460円。安いです。
  • シングルレートがシブいです。

オススメ

 

画面上が純正スプリング、下がBEETです。

 

正確なデータがないのがツラいとこですが、線径から見て10%前後のレートアップが期待できると推察されます。



15番のフォークオイルを入れます。

メーカー指定のフォークオイル量は、318cc。オイル種類は2F。

 

ん?なんだ2Fって?

 

抜いた感じではえらいことサラッサラでした。こちとら私のNINJA250SLはレーシングユースオンリー、ネットで情報を集めてちょい硬めの15番をチョイス。

 

オイル量はメーカー指定としてデータを集めましょうか。


座金とスペーサーを入れ、フォークトップキャップを取り付けます。

アフターマーケットのフォークスプリングによっては、付属品のカラーを使用する場合もありますがBEETのNINJA250SL用強化フォークスプリングはその指定がありません。

 

したがって、純正の座金とカラーをそのまま組み付けます。

 

そして、またフォークを油圧プレスにセットし、フォークトップキャップを装着します。

 

プリロードアジャスタ付けてもよかったんですが・・・。


フォークシールを取り付けて、完成です!

最後に忘れちゃいけない、フォークシールを組み付けます。

 

フォークシールの打ち込みもネットを検索するといろいろな情報があります、ハンマーで回しながらコツコツ入れる、塩ビパイプで打ち込む・・・。

 

でも、今はストレート等の激安工具ショップで安価に「フォークシールドライバ」が購入できてしまいますから、それを買ったほうが何かと楽です。

 

STRAIGHT フォークシールドライバ

  • なんと4,430円。カワサキの純正特殊工具とほぼ同系。純正は1万円以上・・・
  • 版権的にはどーなんでしょう?
  • 正直安い分だけ作りはアレですが、素人作業には十分です。

オススメ

 

この際、スライドメタルとオイルシールを同時に打ち込んで大丈夫です。少々力が要りますが。


完成です!

お疲れ様でした(笑

 

これでやわなNINJA250SLのフロントフォークも多少はびしっ!と決まるのでしょうか?

 

もちろんこれはライダーである私の巨体、そしてコーナリングフォースが公道とは比較にならないくらいかかるサーキットに合わせたセッティングです。

 

街乗りでこれら強化スプリングが必要かといえば、難しいところでしょう。

 

最後にポイントを一つ。

 

フォークオイルシールはもちろん取り付けますが、ダストシールは使用しません!

 

サーキットでは不要なモノです、少なからずフォークの動きをスポイルしますから、必ず機会を見て取り外しましょう!

 

とっても硬いワイヤーが入っていますから、フォークを抜かないと取り外せないのです。無理にニッパーでダストシールを切ろうとしてもニッパの刃が欠けるだけで失敗します(体験者は語る・・・)。

 

以上、本稿終了です。お粗末。

【スポンサード リンク】


NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう! 関連記事はこちら

腰上オーバーホール。その1シリンダー編。

あーあー、やっちゃった。オイル上がりです。オイル管理が悪く、腰上にダメージを与えてしまいました。ベストラップをたたき出して(14秒台だから遅いよ)いい気になっていたらアレアレ白煙が・・・オレンジボールを出されるほどではありませんでしたが大事を取って引き上げました。その日のうちに(ここ重要、トラブルシ...

≫続きを読む

腰上オーバーホール。その2ヘッド編。

シリンダーヘッド。これ、ものすごく重要な部品です。オーバーホールする上でのポイントはバルブの傷、歪みバルブシートの傷、あたり幅、あたり具合バルブガイドの摩耗バルブシールの交換などです。このわずかなスペースではすべてを語れませんがので、私が行った作業のみ記載します。全ての(と言っても4つですが)のバル...

≫続きを読む

エンジンカバーの舐めたネジ穴をサーキットで修正

あーあー、やっちゃった。いやな手ごたえですよね、ネジを舐めちゃった。でも、仕方ないんです。○ホみたいにトルクを掛けたのであればそれは別として、25年も前のマシンでレースやっていればエンジン回りの6mmネジのねじ切りは「ある程度」は避けられません。頻繁な着脱(シリンダーヘッドカバーや、エンジンカバー、...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その1エンジンを降ろして割る。

腰下から、オイルがにじんでいるようです。アイドリング時からすでにジワリジワリとオイルがにじんできます。筑波サーキットツーリストトロフィー3月場所の予選走行中、白煙を指摘されそのままリタイヤとなったあと、根本解決のために腰下オーバーホールを決意します。よく、「エンジン以外はバラせるんですが」なんて言葉...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その2エンジンを組んで積む。

さあ、修理開始。といいつつ、もう1基のエンジンをばらします。どーして?クラックの入ったクランクケースはもうどうにもなりません。溶接しても、また振動を受けるとクラックが再発する場合が多く、例えば希少なレア車であればそういった修理もあるのかもしれませんがサーキット専用マシンではその選択肢はあり得ません。...

≫続きを読む

ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。

タイヤ。短期間で効率よくサーキットライディングテクニックを向上させるには、いいタイヤを頻繁に交換して常によい状態で走ることが必要です。タイヤがタレていてはまともに走り込めませんし、サスペンションもスプロケットも決まりません。耐久レースの後半戦を意識するような特殊な練習を除いて、「まだ持つかな?」なん...

≫続きを読む

NINJA250SLのタイヤをレースに向いたタイヤに交換しよう

では、購入したNINJA250SLをサーキットラン向けに少しだけ手を入れます。このNINJA250SLは、その名の通り(SLはスーパーライト、なのですよ)鋭いタイヤがついています。そのサイズ、なんとフロント:17インチの100/80リア:17インチの130/70ね、鋭いでしょ。しかも純正装着されてい...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントブレーキを強化しよう!

これがNinja250SLのノーマルフロントブレーキ、です。ウェーブディスクがついていて一見、ゴージャスに見えるんですが。ブレーキキャリパーは片押しスライドピストンタイプの2ピストンです。街乗りであれば軽量な車体と合わせて、必要十分な制動力を発揮するのでしょう。でも、サーキットランを考えると少々不安...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう!

4月のレースで転んじゃいました。右鎖骨を折ってしまったのはよいとして(笑)、マシンを治さないと次のレースに出ることができません。6月の筑波ツーリストトロフィーは残念ながら治癒のためにキャンセル、次のターゲットは9月の筑波ツーリストトロフィー。鎖骨は勝手に治りますがバイクは治りません。その破損個所は・...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?

うーん。一応、実践編として作業をしてみたのですが、正直このカスタマイズはあまりお勧めしません。なぜなら・・・よくなかったんです。ただ、当然のことながらバイクは乗り手の体格と腕、そして走る状況によって求める形は異なります。ですから、私がよくなかった、と判断したとしてもご覧頂いてくださっているNINJA...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

と、いうことで。スプリングだけを交換してもいまいち調子のよくなかった我が愛機、NINJA250SL。どうやらNINJA250SLは、リアをどれだけ大きく動かすか・・・?がポイントの様子。そして筑波サーキットの最終コーナーでは、90kgの巨体(ワタシw)を支えきれずダンピング不足でぐわんぐわんとピッチ...

≫続きを読む

NINJA250SLのチェーンを415に変更しよう!(公道厳禁!)

まずは、この動画をご覧ください。どーです?ちょっとすごくありません?かれこれワタシ、かなりの期間、かなりのマシンを乗ってきていますがここまでリアホイールがクルクル回るマシンは見たことがありません。しいて言えば、ノンシールチェーンを投入したモトクロッサーくらいでしょうか?私のNINJA250SLはサー...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP