NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?

【スポンサード リンク】

NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化してみよう・・・?

うーん。

 

一応、実践編として作業をしてみたのですが、正直このカスタマイズはあまりお勧めしません。なぜなら・・・よくなかったんです。

 

ただ、当然のことながらバイクは乗り手の体格と腕、そして走る状況によって求める形は異なります。ですから、私がよくなかった、と判断したとしてもご覧頂いてくださっているNINJA250SL乗りの方にはひょっとしたら、いいことあるのかもしれません。

 

とりあえずその手法について、ご説明いたします。

 

NINJA250SLに体重90kgの巨漢の私(笑)が乗車して筑波サーキットを走行して感じたのは、スプリングレートの不足でした。

 

プリロードを最大にかけても立ち上がりでフルボトムしてしまい、タイヤの剛性に頼った走りになってしまうのです。これでは安心して立ち上がりにスロットルを開けることができません。

 

本来であればサスペンションはスプリングとダンパーのセットで考えるものですから、サスペンションそのものをリプレイス製品に交換することを検討するべきです。が、今回は時間の関係で安直にスプリングレートのみを上げることにしてみました。

 

市販品からチョイスして、10%アップの製品を購入しました。

 

結果がアレでしたので、製品名とメーカーは伏せさせて頂きます(涙


馬を使ってリアを上げます。

通常、NINJA250SLのリアを整備のために上げる場合はレーシングスタンドを使用します。当たり前ですね。

 

が、スイングアームでリアを上げるレーシングスタンドをかけてしまうとリアサスペンションにテンションが掛かってしまいますから当然リアサスペンションを外すことはできません。

 

ノーマルですとここで結構苦労するのですが、もしあなたがすでに固定ペグのレーシングステップを投入しているのであれば、この固定ペグ(ステップ)に馬をかますことで簡単にリアを上げることができます。

 

NINJA250SLを傾け、片方ずつ慎重にかませば流石軽量なNINJA250SL、馬のセットは極めて容易です。

 

リアを浮かせたら、右側のフレームカバーを外します。

 

サーキットランを楽しまれる方はこのフレームカバーなんてとっとと外してしまっているかもしれませんが、私は転倒時の傷防止につけたままにしています(伏線??)。



リアサスペンションの固定ボルトを外します。

ね、フレームカバーを外すことで、リアサスペンションの上部ボルトにアプローチできます。

 

ここで使用するのはTレンチが好ましいかと思われます。

 

が、私はボルトを緩めるときにコイツを愛用しています。

 


EMERSON(エマーソン) 電動インパクトレンチ AC100V EM-230

 

電動インパクトレンチ。

 

え、インパクトレンチだったらやっぱりエアーじゃないの?って思いますよね。

 

でも、インパクトを回すためのエアーを確保するためにはかなり大きなコンプレッサーとサブタンクが必要なんです。そしてそのコンプレッサー、ほかに何に使います?エアブローやタイヤのビート出しにはエアツールを回せるコンプレッサーはデカすぎます。

 

ちなみに私が愛用しているエアブロー&タイヤビート出し用のコンプレッサーはこの程度の大きさ。

 


ナカトミ(NAKATOMI) オイルレスコンプレッサー CP-100

 

いわゆる、一万円コンプレッサー。「ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。」でご紹介したとおり、タイヤ交換にはこの程度のサイズで十分すぎます。

 

が、もしこのコンプレッサーにエアツールをつないでみるとどうなるか・・・

 

カカカカ・・・と数秒動いたらもう6リットルのエアはカラ。コココココ・・・とやかましい音でコンプレッサーが始動。ご近所に引け目を感じながら数分待ち、ようやくフルタンク。またエアツールを作動させると数秒でまたココココ・・・。

 

とてもじゃないですが「エアツールのエアー源」としては使えないんですね。

 

じゃあ、大きいコンプレッサー・・・は高い、嵩張る、うるさい。

 

ということで電動インパクト、しかも充電式ではない「有線(アンビリカルケーブル)式」電動インパクトレンチがお勧めなのです。

 

何しろ有線ですからパワーがあり、かつ継続します。作業中の電池切れ、イライラしますねー。そういうことが一切ありません。場合によってはバーナーによる緩み止めの焼き切りが必要になる場合もありますが、ドライブスプロケットを緩めるくらいのパワーがあります。しかも安い。

 

ということで、私は「緩め専用」として、優先電動インパクトレンチを愛用しているわけです。

 

話がずいぶんそれましたね・・・


上下のボルトを抜けば、リアタイヤを外さずにリアサスペンションを抜き取ることができます。

とまあ、いろいろ書きましたが結局は上下のボルトを抜くだけで、NINJA250SLはするっとリアサスペンションを抜き取ることができます。

 

とっても簡単ですね。



スプリングを交換します。

この方法はお勧めしません!

 

通常であればスプリングコンプレッサーを使用します。こういうのですね。

 


強力スプリングコンプレッサー 2爪

 

安いもの、高いものいろいろありますがモノショックを採用しているNINJA250SL、軽量マシンとは言いつつそのバネレートはツインショックマシンよりは硬いです。くれぐれも格安のヤワなものに手を出さないように。

 

で、私は・・・

 

油圧プレスで抜いちゃってます。

 

正直、バネがすぱーんと飛んで怪我しかねませんので真似はされないほうがよろしいです。やるなら自己責任でお願いいたします、真似をして怪我・機材破損を招いても私は一切責任を取りませんのであしからず。

 

何らかの方法でスプリングを縮めれば、皿形のプレートが外れます。これでスプリングがフリーになります。


強化スプリングをインストールします。が・・・

この時点でいやな予感はしていたんですよね。

 

このスプリング、ピッチがやたら細かいんです。皿を入れられるまでスプリングを縮めると、座屈してんじゃん・・・ストローク減ってない?



NINJA205SLにスプリング交換したリアサスペンションを戻し、完成です。

とりあえずこれでスプリング交換は完了です。

 

道具さえそろえておけば(そしてその道具も決して高価ではない)、比較的容易に作業を終わらせることができます。

 

あとは取り外しと逆の手順でスプリングを交換したサスペンションを戻して完成!です。


ところが・・・

さっそく、筑波サーキットで試走しました。

 

ところが・・・この「スプリング交換済リアサスペンション」、動きがおかしい!

 

まだ調査と検証は終わっていませんが、スプリングが座屈してフルストローク使いきれていないのでは、と思われます。繰り返しますが検証前なので別の原因があるのかもしれませんが・・・

 

ノーマルスプリングを使用していた時とベストタイムでほぼ同等、アベレージタイムでは0.5秒以上も遅くなってしまいました。

 

乗り手の体格と技量次第だとは思いますが、このカスタムは失敗であったと考えます。

 

次回、かなり先になりますがナイトロンをインストールする予定です。これによってタイムがどうなるか、レポートいたしますのでご期待ください。

 

バイクって難しいっすね・・・

 

少々苦い結果とはなりましたが、以上本項完了です!

【スポンサード リンク】


NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・? 関連記事はこちら

腰上オーバーホール。その1シリンダー編。

あーあー、やっちゃった。オイル上がりです。オイル管理が悪く、腰上にダメージを与えてしまいました。ベストラップをたたき出して(14秒台だから遅いよ)いい気になっていたらアレアレ白煙が・・・オレンジボールを出されるほどではありませんでしたが大事を取って引き上げました。その日のうちに(ここ重要、トラブルシ...

≫続きを読む

腰上オーバーホール。その2ヘッド編。

シリンダーヘッド。これ、ものすごく重要な部品です。オーバーホールする上でのポイントはバルブの傷、歪みバルブシートの傷、あたり幅、あたり具合バルブガイドの摩耗バルブシールの交換などです。このわずかなスペースではすべてを語れませんがので、私が行った作業のみ記載します。全ての(と言っても4つですが)のバル...

≫続きを読む

エンジンカバーの舐めたネジ穴をサーキットで修正

あーあー、やっちゃった。いやな手ごたえですよね、ネジを舐めちゃった。でも、仕方ないんです。○ホみたいにトルクを掛けたのであればそれは別として、25年も前のマシンでレースやっていればエンジン回りの6mmネジのねじ切りは「ある程度」は避けられません。頻繁な着脱(シリンダーヘッドカバーや、エンジンカバー、...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その1エンジンを降ろして割る。

腰下から、オイルがにじんでいるようです。アイドリング時からすでにジワリジワリとオイルがにじんできます。筑波サーキットツーリストトロフィー3月場所の予選走行中、白煙を指摘されそのままリタイヤとなったあと、根本解決のために腰下オーバーホールを決意します。よく、「エンジン以外はバラせるんですが」なんて言葉...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その2エンジンを組んで積む。

さあ、修理開始。といいつつ、もう1基のエンジンをばらします。どーして?クラっクの入ったクランクケースはもうどうにもなりません。溶接しても、また振動を受けるとクラックが再発する場合が多く、例えば希少なレア車であればそういった修理もあるのかもしれませんがサーキット専用マシンではその選択肢はあり得ません。...

≫続きを読む

ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。

タイヤ。短期間で効率よくサーキットライディングテクニックを向上させるには、いいタイヤを頻繁に交換して常によい状態で走ることが必要です。タイヤがタレていてはまともに走り込めませんし、サスペンションもスプロケットも決まりません。耐久レースの後半戦を意識するような特殊な練習を除いて、「まだ持つかな?」なん...

≫続きを読む

NINJA250SLのタイヤをレースに向いたタイヤに交換しよう

では、購入したNINJA250SLをサーキットラン向けに少しだけ手を入れます。このNINJA250SLは、その名の通り(SLはスーパーライト、なのですよ)鋭いタイヤがついています。そのサイズ、なんとフロント:17インチの100/80リア:17インチの130/70ね、鋭いでしょ。しかも純正装着されてい...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントブレーキを強化しよう!

これがNinja250SLのノーマルフロントブレーキ、です。ウェーブディスクがついていて一見、ゴージャスに見えるんですが。ブレーキキャリパーは片押しスライドピストンタイプの2ピストンです。街乗りであれば軽量な車体と合わせて、必要十分な制動力を発揮するのでしょう。でも、サーキットランを考えると少々不安...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう!

4月のレースで転んじゃいました。右鎖骨を折ってしまったのはよいとして(笑)、マシンを治さないと次のレースに出ることができません。6月の筑波ツーリストトロフィーは残念ながら治癒のためにキャンセル、次のターゲットは9月の筑波ツーリストトロフィー。鎖骨は勝手に治りますがバイクは治りません。その破損個所は・...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?

うーん。一応、実践編として作業をしてみたのですが、正直このカスタマイズはあまりお勧めしません。なぜなら・・・よくなかったんです。ただ、当然のことながらバイクは乗り手の体格と腕、そして走る状況によって求める形は異なります。ですから、私がよくなかった、と判断したとしてもご覧頂いてくださっているNINJA...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

と、いうことで。スプリングだけを交換してもいまいち調子のよくなかった我が愛機、NINJA250SL。どうやらNINJA250SLは、リアをどれだけ大きく動かすか・・・?がポイントの様子。そして筑波サーキットの最終コーナーでは、90kgの巨体(ワタシw)を支えきれずダンピング不足でぐわんぐわんとピッチ...

≫続きを読む

NINJA250SLのチェーンを415に変更しよう!(公道厳禁!)

まずは、この動画をご覧ください。どーです?ちょっとすごくありません?かれこれワタシ、かなりの期間、かなりのマシンを乗ってきていますがここまでリアホイールがクルクル回るマシンは見たことがありません。しいて言えば、ノンシールチェーンを投入したモトクロッサーくらいでしょうか?私のNINJA250SLはサー...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP