NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

【スポンサード リンク】

NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

と、いうことで。

 

スプリングだけを交換してもいまいち調子のよくなかった我が愛機、NINJA250SL。

 

どうやらNINJA250SLは、リアをどれだけ大きく動かすか・・・?がポイントの様子。そして筑波サーキットの最終コーナーでは、90kgの巨体(ワタシw)を支えきれずダンピング不足でぐわんぐわんとピッチングを起こしていたノーマルショックに見切りをつけ、リプレイスショックを投入することに。

 

個人的に最高!のリアサスペンションはオーリンズ、ではなく、ナイトロン。

 

NINJA250SLの前に所有していた戦闘機、SRX250にはナイトロンの最高グレードを投入しておりましたが、それはそれは素晴らしいサスペンションでございました。

 

ただ、その高性能を生かし切れていたか?といえば難しい。

 

ダンピングには「高速」と「低速」が用意されていますが、どちらをどう動かすとどうなるか・・・理解できていたとは、タイムに生かせていたとは言えず。

 

ということで、素性の良いNINJA250SLにはもう少し現実的なYSSの「MX366」を選択。

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366 ニンジャ250SL

 

定価はぐっと手ごろな¥73,440。が、Webikeならば17%オフの¥66,096円ナリ。安いよね。

 

一応、

 

  • 車高調整(なぜかトップ側についているし恐らく調整幅は恐ろしく少ない、ひょっとしたら車高調整ですらなく単なるパーツ汎用化の名残かも
  • プリロード
  • 伸びダンバ
  • 圧ダンパ(高速/低速はありませぬ)

 

といった、必要十分な機能が装着されております。ちなみに上位モデルである「MS366」なら、憧れの?高速圧ダンバ、低速圧ダンバが付いています。筑波ではダンロップ下切り返しが高速ダンパで最終コーナーが低速圧ダンパだとか??

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366 ニンジャ250SL

 

2万円しか違いませんから、もしあなたが「違いが判るオトコ」ならこっちをいっちゃってください。

 

YSSは実は意外と(?)筑波サーキットで走行されているアマチュアライダー、それも手練れの方々でも使用されている方が多いといういわば「穴場」的なサスペンションです。

 

さあ、これを装着してみましょうか・・・。


では、作業開始!

いつも通り、青空整備を開始します。

 

まずはフロントとリアをレーシングスタンドで上げます。

 

この状態でリアアクスルやリンク部の、締め付けがタイトなナットを一通り緩めておきます。



リアホイールを抜き取り、馬でリア周りをフリーにして。

一通りのナットを緩めたら、リアホイールを外してしまいます。

 

リアが軽くなったので、今度は固定ステップ(リプレイスのバックステップに交換しています)の下に馬を入れ、リアを浮かせます。

 

リアを浮かせたらレーシングスタンドを抜き取ります。これでサスペンションがフリーになります。

 

  • リンク
  • リンクロッド
  • スイングアーム

 

を抜き取ってしまいましょう。そう、この機会にグリスアップを行います。


スイングアームピポットにはグリスが少しだけ・・・

これが抜き取った直後のスイングアームのピポット部のニードルベアリング。

 

うーん・・・

 

これでいいのでしょうか?いいんでしょうね?グリスがうすーく薄くしか塗布されておらず。

 

ここは念のためパーツクリーナーで古いグリスを洗い流したうえで新しいグリスを入れなおします。

 

そうしてから組み付ければ・・・ほら、こんなにスムースに。

 

 

めんどくさいですが、お勧めです。

 

これくらいはグリスを入れておきたいですね。

 



スイングアームをぐりぐりと再装着します。

スイングアームピポットにグリスをいれたら、

 

  • カラー
  • オイルシール(左右)

 

をはめ込んで、それらを落とさないように車体の後ろから押し込みます。

 

実はフレーム右側のピポット部には、スイングアームピポットのクリアランスを調整する調整ナットが組み込まれています。

 

が、動きに不満がないなら(さっきの動画くらいスルスル動いて)、かつガタがないなら触らない方がいいと思います。

 

ちょいとコツが要りますが落ち着いてじっくりはめ込めば問題なく装着できるはずです。

 

ウソです、スミマセン!訂正させてください。調整ナットは「緩めたほうが断然楽」でした。深くお詫びいたします。

 

お詫びに、こういった「トルク調整が難しいナット・ボルト」の締め付け方法をお伝えいたします。緩める際

 

  • 工具の角度を覚えておいて
  • いったん緩めたら
  • 再度同じ角度まで締め付け
  • その時のトルクを覚えておく

 

ことで、大まかな指定トルクを再現できます。まあ、コイツに限らず「メイドイン・アジア」のマシンはオーバートルクが当たり前といううわさもありますのでどんな時にも使えるわけではありませんが(緩み止め剤が入っていたらダメですしね)、参考程度にご記憶くださいませ。


リンク部は・・・ベアリングない・・・

リンク部の軸受にはニードルベアリングが・・・入っていません(!)。

 

いわゆる「すべり軸受け」になっております。がグリスニップルもないですし・・・

 

とりあえずここもパーツクリーナーできれいに洗浄して、新しいグリスを塗り込んでおきます。

 

が、さすが市販車、ここのシールがタイトでかなり動きが制限されています(このあたりのチューニングは別途)。

 

せっかくよいサスペンションを入れたとしても、このあたりの動きがシブければその性能を発揮できないんです。当たり前ですね。



あとはYSSショック(MX366)を装着して!

流石専用サスペンションだけあって、NINJA250SL用のMX366は当たり前ですがボルトオン。

 

MX366のアッパー部は、これもニードルベアリングではなくメタルベアリングなのでここも入念にグリスアップして(塗りすぎはNGですよ)、装着します。ナイトロンやオーリンズなら、エンドアイが組まれていてグリグリ動くんですが・・・まあ、価格の差ですね。

 

ちなみにNINJA250SLは「NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?」でご紹介したとおり、きわめて簡単です。

 

上下の取付ボルト、そしてリンク部のボルトを規定トルクで締結したら、リアホイールを装着しましょう。

 

これで完了!ではなく。


最後にリザーバータンクを固定して、完了です!

最後に窒素ガスを封入しているリザーバータンクを取り付けます。

 

MX366(MX366だけではなく、おそらくYSSのサスペンションは)サスペンションとリザーバータンクを繋ぐホースは固く、そして取付角度を変更することができません。

 

あーでもない、こーでもないと悩みながら、切らずにとっておいた左タンデムステップのステーを使用しました。

 

あとはホースをバンドで固定して、完了です!

 

追って実装してインプレッション致します。お楽しみに~!


格安フルスペックサスペンション、YSS。

筑波サーキットのアマチュアレーサーにも意外と支持率の高い、YSS。

 

もちろんオーバーホールも可能です。

 

そしてこのお値段。オーリンズやナイトロンの2/3程度の価格は正直、凄いっす。

 

今ならウェビックで17%オフ。

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366 ニンジャ250SL

【スポンサード リンク】


NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう! 関連記事はこちら

腰上オーバーホール。その1シリンダー編。

あーあー、やっちゃった。オイル上がりです。オイル管理が悪く、腰上にダメージを与えてしまいました。ベストラップをたたき出して(14秒台だから遅いよ)いい気になっていたらアレアレ白煙が・・・オレンジボールを出されるほどではありませんでしたが大事を取って引き上げました。その日のうちに(ここ重要、トラブルシ...

≫続きを読む

腰上オーバーホール。その2ヘッド編。

シリンダーヘッド。これ、ものすごく重要な部品です。オーバーホールする上でのポイントはバルブの傷、歪みバルブシートの傷、あたり幅、あたり具合バルブガイドの摩耗バルブシールの交換などです。このわずかなスペースではすべてを語れませんがので、私が行った作業のみ記載します。全ての(と言っても4つですが)のバル...

≫続きを読む

エンジンカバーの舐めたネジ穴をサーキットで修正

あーあー、やっちゃった。いやな手ごたえですよね、ネジを舐めちゃった。でも、仕方ないんです。○ホみたいにトルクを掛けたのであればそれは別として、25年も前のマシンでレースやっていればエンジン回りの6mmネジのねじ切りは「ある程度」は避けられません。頻繁な着脱(シリンダーヘッドカバーや、エンジンカバー、...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その1エンジンを降ろして割る。

腰下から、オイルがにじんでいるようです。アイドリング時からすでにジワリジワリとオイルがにじんできます。筑波サーキットツーリストトロフィー3月場所の予選走行中、白煙を指摘されそのままリタイヤとなったあと、根本解決のために腰下オーバーホールを決意します。よく、「エンジン以外はバラせるんですが」なんて言葉...

≫続きを読む

腰下オーバーホール。その2エンジンを組んで積む。

さあ、修理開始。といいつつ、もう1基のエンジンをばらします。どーして?クラっクの入ったクランクケースはもうどうにもなりません。溶接しても、また振動を受けるとクラックが再発する場合が多く、例えば希少なレア車であればそういった修理もあるのかもしれませんがサーキット専用マシンではその選択肢はあり得ません。...

≫続きを読む

ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。

タイヤ。短期間で効率よくサーキットライディングテクニックを向上させるには、いいタイヤを頻繁に交換して常によい状態で走ることが必要です。タイヤがタレていてはまともに走り込めませんし、サスペンションもスプロケットも決まりません。耐久レースの後半戦を意識するような特殊な練習を除いて、「まだ持つかな?」なん...

≫続きを読む

NINJA250SLのタイヤをレースに向いたタイヤに交換しよう

では、購入したNINJA250SLをサーキットラン向けに少しだけ手を入れます。このNINJA250SLは、その名の通り(SLはスーパーライト、なのですよ)鋭いタイヤがついています。そのサイズ、なんとフロント:17インチの100/80リア:17インチの130/70ね、鋭いでしょ。しかも純正装着されてい...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントブレーキを強化しよう!

これがNinja250SLのノーマルフロントブレーキ、です。ウェーブディスクがついていて一見、ゴージャスに見えるんですが。ブレーキキャリパーは片押しスライドピストンタイプの2ピストンです。街乗りであれば軽量な車体と合わせて、必要十分な制動力を発揮するのでしょう。でも、サーキットランを考えると少々不安...

≫続きを読む

NINJA250SLのフロントサスペンションスプリングを強化しよう!

4月のレースで転んじゃいました。右鎖骨を折ってしまったのはよいとして(笑)、マシンを治さないと次のレースに出ることができません。6月の筑波ツーリストトロフィーは残念ながら治癒のためにキャンセル、次のターゲットは9月の筑波ツーリストトロフィー。鎖骨は勝手に治りますがバイクは治りません。その破損個所は・...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションスプリングを強化しよう・・・?

うーん。一応、実践編として作業をしてみたのですが、正直このカスタマイズはあまりお勧めしません。なぜなら・・・よくなかったんです。ただ、当然のことながらバイクは乗り手の体格と腕、そして走る状況によって求める形は異なります。ですから、私がよくなかった、と判断したとしてもご覧頂いてくださっているNINJA...

≫続きを読む

NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!

と、いうことで。スプリングだけを交換してもいまいち調子のよくなかった我が愛機、NINJA250SL。どうやらNINJA250SLは、リアをどれだけ大きく動かすか・・・?がポイントの様子。そして筑波サーキットの最終コーナーでは、90kgの巨体(ワタシw)を支えきれずダンピング不足でぐわんぐわんとピッチ...

≫続きを読む

NINJA250SLのチェーンを415に変更しよう!(公道厳禁!)

まずは、この動画をご覧ください。どーです?ちょっとすごくありません?かれこれワタシ、かなりの期間、かなりのマシンを乗ってきていますがここまでリアホイールがクルクル回るマシンは見たことがありません。しいて言えば、ノンシールチェーンを投入したモトクロッサーくらいでしょうか?私のNINJA250SLはサー...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP