レンタカーでワンボックス(バン)を借りてサーキットへ行こう!

【スポンサード リンク】

レンタカーで借りる最強のトランポ、それは軽トラ。なんですが・・・梅雨時はやっぱり辛いのです。なので、ワンボックス(バン)なんです!

 

軽トラ

 

サンデーレーサーのレンタカートランポとしては最強のコスパ!それは間違いありません。

 

メリットとしては

 

  • 安い
  • 申し分のない積載性
  • 低燃費、低高速料金

 

とまあ牛丼のようなマシンなわけですが、やっぱりデメリットもあるわけです。

 

  • 屋根がないので雨が降るとバイクが濡れる
  • リクライニングしないので眠れない

 

普段の練習であれば、どうせ最寄りのサーキットなんて数時間ですからこれらのデメリットは問題ではないのですが、辛いのはレースウィーク。

 

前日深夜入りしてのピット確保。眠れません!

 

レースは雨でも開催されます。大切なマシンがずぶ濡れ!

 

これは困りますねえ。今回私が参加した「筑波ツーリストトロフィー in June」は「in June」というだけあってもちろん梅雨時のレース。雨が降る確率は高いわけです。

 

ということで、今回はちとばかり奮発して「ワンボックス(バン)」を借りてみました。


軽トラとワンボックス(バン)のレンタカー費用は?

軽トラよりもワンボックス(バン)のほうが、さすが屋根があるだけあって(?)レンタル費用は若干高いです。

 

以下、ワタシも愛用しているニッポンレンタカーの価格表から。

 

軽トラック

12時間 7,128円
1日 8,208円
以降、1日追加ごとに 6,048円

 

ワンボックス(バン)・・・の小さい方、ボンゴなど

12時間 10,368円
1日 11,988円
以降、1日追加ごとに 8,748円

 

こんな感じ。価格的には4割増し、って感じですね。

 

ちなみにニッポンレンタカーで借りることができるワンボックス(バン)は2種類あり、

 

  • ボンゴ等の小さい方
  • ハイエースロング等のゴージャスなでっかい方

 

があります。が、小さい方でも荷室長さはセカンドシートをたためば220cmあり、全長190cmのNINJA250SLならば余裕で縦積み(ななめにしなくても積めるってことです)したうえでさらにリアホイールの後ろに工具箱を置くくらいの余裕があります。リッターマシンでも余裕でしょう!


ワンボックス・・・運転難しい?いえいえ、むしろめちゃ楽です!

 

ワンボックス、運転したことないなあって方も多いと思います。

 

が、恐らく問題はありません。

 

ワンボックスの運転はもちろん普通の車ですから「前に進める限り」は、普通の車と変わりはありません。むしろ運転席が思いっきり前にあるので、T字路や交差点で停止線ギリギリまで前に寄れます、左右の確認がしやすい(笑)。

 

注意点は以下の2点です。

 

  • 右左折時の内輪差
  • バック時の後方確認

 

とはいいながら・・・

 

ボンゴクラスであれば内輪差はあまり気にしなくてOK。ホイールベースは大きめの乗用車とあまり変わりありません。ミラーの位置が独特ですのでそれに慣れて、右左折する際には巻き込みに注意してゆっくり走れば問題ありません。

 

さらに、いまどきのレンタカーは恐ろしいことに「バックモニター」がついてたりします。

 

ね、問題ないんです。




この広い荷室!

 

ご覧くださいこの荷室!

 

幅は十分、2台積みすら可能です。工具箱も発電機もスペアホールも革ツナギもヘルメットも、そしてラダーレールすら楽勝で積載可能!


とにかく快適、の一言です。

 

そして軽トラと比べてシートは肉厚十分!とにかく快適、疲れないんですねえ。

 

残念ながら私がボンゴを借りたときはレースに夢中でNINJA250SLを積載した写真を撮り忘れました。・・・すみません。いつかまたボンゴ借りたら撮影してアップしますね。

 

4割増しの料金と引き換えのラグジュアリー。そして屋根(笑)。

 

サンデーレーサーのトランポの選択肢に加えてみてはいかがでしょう。


レンタカー借りるなら・・・どのレンタカー屋がいい?

有名どころのレンタカー屋さんだけでも数多くあります。比べるだけでも手間です。

 

そんな時に便利なのが「全国のレンタカー最安値比較・予約サイト」。

 

日程、地域、車種を入れるだけで登録されているレンタカー屋さんの価格を比較、最安値を見つけることができます。

 

私も利用しています、ご興味がありましたらぜひ。

 



 

出来る限り節約して、サーキット走行費用に費やしたいですからね!

【スポンサード リンク】


レンタカーでワンボックス(バン)を借りてサーキットへ行こう! 関連記事はこちら

トレーラーにバイクを積もう

はっきり言って、トレーラーは少数派です。否、極少数派と言ってよいでしょう。実際に使ってみるといろいろ不都合はあるものの、それをはるかに上回るメリットがあるというに、いまいち普及しませんね?!もしあなたが「トレーラーを引いてサーキットに行こう!」と思っても、相談できる相手がいません(笑ですので、このサ...

≫続きを読む

レンタカーで軽トラックを借りてサーキットへ行こう!

そりゃあ、マイカーのハイエースが最高です。しかもちょっとばかりローダウンして、カッコいいアルミホイールを入れてホワイトレターのタイヤを入れて。助手席に美しい彼女か奥様(いるなら愛人でもいいんですけど)を乗せて。そんなサーキットライフ、誰が送れるってんだ!!!ということでぐっとリアリティのあるトランポ...

≫続きを読む

レンタカーでワンボックス(バン)を借りてサーキットへ行こう!

軽トラ。サンデーレーサーのレンタカートランポとしては最強のコスパ!それは間違いありません。メリットとしては安い申し分のない積載性低燃費、低高速料金とまあ牛丼のようなマシンなわけですが、やっぱりデメリットもあるわけです。屋根がないので雨が降るとバイクが濡れるリクライニングしないので眠れない普段の練習で...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP