グローブで手首、手を守る

頭を守る大事な大事なヘルメットと同様、手を守る大事な装備、グローブ。

 

転倒は前提であるバイク、頭と同じように手先を守る必要があります。

 

必須度:

・・・必須!これがないと走れない!

 

趣味度:

・・・認定マークがないのでいろいろ選べる?

 

10-2-2 ブーツ・グローブ

 

皮革もしくは皮革と同等の素材(MFJの許可を得たもの)であり、フックなどが外部に突出していないものでなければならない。

 

MFJ「国内競技規則」-「付則4 ロードレース競技規則」より

 

規定としてあるのはその素材であり、認定マークのようなものはありません。また形状に関しても、

 

「フックなどが外部に突出していない」

 

しか規定がない・・・のでしょうか・・・?!



グローブのお勧めは?

いくら形状に関する詳細な規定がないとはいえ、やはり安全性を考えると

 

  • レーシングスーツの袖口を覆う長さがある
  • 手の甲にハードシェルがついている
  • 手首を締めるベルクロがついている

 

あたりがお勧めです。また、ヘルメットと同じようにモトGPやスーパーバイクを走るトップレーサーでひいきのライダーがいるのであれば、そのライダーと同じメーカーを買うのもいいでしょう。そのメーカーは経験が豊富で実績があり、その経験と実績は製品にフィードバックされている・・・はずですから。

 

私は個人的に、TSタイチのグローブを(ツーリング用のメッシュ素材のグローブも含め)愛用しています。

 

あ、色はヘルメットを同一系統にそろえると、見た目がキマる・・・と思いますです。はい。





関連記事