レーシングスーツ(革ツナギ)

MFJの認定品ですが、選択肢は非常に多い装備です。リッチな方はフルオーダー、カラーオーダーも!

 

必須度:

・・・必須!これがないと走れない!

 

趣味度:

・・・フルオーダーのツナギからツルシの一桁万円まで、選択肢は豊富!

 

10-2 ライダーの服装

 

10-2-1 レーシングスーツ
10-2-1-1 皮革もしくは皮革と同等の素材(MFJの許可を得たもの)であり、MFJの公認したものでなければならない。
10-2-1-2 MFJが公認したレーシングスーツには、公認マークが貼付されている。
10-2-1-3 競技会の車両検査受付け時にレーシングスーツの検査が行われ、合格しなかった場合は、ライダー本人の安全上使用を禁止する。
10-2-1-4 競技会使用時には公認時のパット類が装備されていること。
10-2-1-5 ライダースーツ左胸前部内側または胸部前部下前立てに氏名をカタカナで血液型をアルファベットで明記しなければならない。

 

MFJ「国内競技規則」-「付則4 ロードレース競技規則」より

 

レーシングスーツは、ヘルメットと同じようにMFJ公認のマークが縫い付けられていないとダメです。MFJ開催のレースに参加することはできません。走行会ではそこまで厳しく言われないですし、スポーツ走行においてもMFJ公認マークのチェックはないですがそこはそれ自己責任の世界、レーシングスーツを買う時は必ずMFJ公認のものを購入したほうがよいでしょう。ちなみにこの公認マークは、胸のチャックを下した真ん中(胃のあたり?)に縫い付けられているはずです。

 

とはいえ、大抵の一流どころのメーカーのツナギですとほとんどの場合MFJ公認マークがついています。そういえば昔上野で激安の革ツナギを買ったとき。

 

MFJの公認マークが無かったんですね。お店の人に、レースに出たいんですMFJマークないとダメなんですけど、と言ったら、ああこれね、と差し出されたアイロンプリント。これ貼っといてください・・・だって。結局アイロンプリントMFJマークで数戦レースでちゃったんだけど、アレ問題なかったんだろうか・・・



レーシングスーツのお勧めは?

兎に角体にフィットしている必要があります。(私も含めて)若かりし頃に購入したツナギを使用している中年は、むりやりお腹の肉を押し込んでジッパーを上げている・・・場合が非常に多く(笑)、この場合自在に動くことができませんから当然走りにもタイムにも影響が出ます!

 

聞いたところでは、ツナギでラップタイムの1秒や2秒、簡単に変わっちゃうとか・・・バイクに乗る姿勢は特殊ですし、バイクを操る以上ボディーワークも大事ですからね。

 

やはりフルオーダー、またはセミオーダーが一番よいのでしょうがそれも難しいですから、これは通販ではなく用品店で試着してじっくりと選んでください。

 

  • 革が軽く、しなやかなに動けるようにジャバラ加工がされている、またはストレッチ素材で関節部ができているもの
  • 肩やひじにカップが内蔵されているもの
  • インナーが取り外しでき、選択できるもの

 

あたりが、必要な機能でしょうか。おおざっぱに言って、海外製の激安ツナギは革が厚く重いです。率直に言ってい動きにくいです。国産のツナギは革が軽くしなやかです。どちらが良いか、言うまでもないでしょう。非常に難しいところですが、10万円以上の投資は必須かなと思います。うまいこと、用品店のセールや型落ち品をGetできればよいのですが・・・。

 

有名どころのリンクです。

 

RSタイチ:http://www.rs-taichi.co.jp/
SPIDI:http://www.spidi.co.jp/
アルパインスター: http://www.alpinestars.com/
クシタニ:http://www.kushitani.co.jp/
コミネ:http://www.komine.ac/
ダイネーゼ:http://www.dainese.it/
デグナー:http://www.degner.co.jp/
ナンカイ: http://www.nankaibuhin.co.jp/





関連記事