マシンは仕上がりつつあります・・・走り込みです!

8月も終わり近く。

 

前日の予報では雨、当日も朝は路面がぬれていたのですが筑波サーキットに近づくにつれ乾く路面。おお、これアタリじゃない?との予想はズバリ的中。

 

晴天の筑波サーキットで一人練習走行です・・・と思っていたのですが、NS2チャンプのN野氏がいらっしゃいました。二人並んで最終コーナー内側に陣取ります。

 

テントを張ってマシンを並べて、機材を出して。

 

ようやく筑波サーキットを走る、という事にも慣れてきました。

 

愛用の発電機(ピットじゃないので電源がないので発電機が必要なんです)は2ストロークのインバーター発電機。軽くコンパクトでよいのですが、燃料タンクが小さく、1時間程度で止まっちゃうのが泣き所です。

 

でも、4ストロークのインバーター発電機は結構高いんですよね。



ベストラップ・・・!

チャンプN野さんは私と同じSRX250を駆り、なんと8秒台というとんでもないレコードを叩きだすテクニシャン。

 

もっと頑張らなきゃだめだよ~の激励(?)を胸にまずは1本目。

 

例によって「抜かれたら抜いたマシンのラインを頂く」作戦でペースを上げます。

 

8月にしては暑すぎない絶好のコンディションの中、おおっ、16秒台突入!

 

ああ、長かった・・・夢の15秒台は間近?!



最終的に15秒台突入!

気を良くして2本目、しかし慎重に。

 

ひとつわかったことはやはりライン取りが私おかしいです。

 

  • コーナー進入で減速しすぎてしまうためバンク時にパタン、カクっと寝てしまう
  • そのため鋭角的にインについてしまう
  • そのためラインが苦しくなり出口で開けられない
  • 出口で開けられないってことはストレートで速度が乗らない

 

なので、速度を残して進入をワイドに取り(インが不安なくらいがら空きですが)、その分クリップを奥に取り直線的に立ち上がれるようにすると・・・

 

おお、立ち上がりでスロットルが開いてくる!速度が乗る!

 

ついに15.7secまで入りました!夢の15秒台!(遅い、レベル低い)

 

これがH塚さんが仰っていた「コースをいっぱいいっぱいに使う」ことなのかなあ、と。

 

1日で1.7秒縮まっちゃうって今まで何してたんだろ。チャンプN野氏の

 

「足周りとファイナルで、あと3秒くらい行けますよ!」

 

という激励を胸にまた精進の日々は続きます!・・・でも、3秒縮まったら12秒台か・・・ゴクリ。欲の皮は突っ張ったまま。




関連記事