まずはファイナルをいじってみましょう。

今まではノーマルのリアスプロケット、50丁を使用していました。

 

いまいち、コースにあってない(吹けきらない)時もあり調整したいな、とも思っていたのですが何しろ走れば走るたびにタイムもラインもバラバラと変わるため、もう少し落ちついたら変えようと思っていました。

 

先日の筑波サーキットC枠練習走行でチャンプN野氏から頂いたアドバイスを参考に、1丁だけショートにしてみようと思います。キンキラのハデなスプロケットに興味はなかったのですが色指定しなかったらこれが来たよ。

 

メーカーはZAM(ザム)、どこの国製だろ?

 

いずれにせよSRX250の3WP(428)が手に入るのは、ありがたい限りです。


リアタイヤを新品に。

そしてリアタイヤは新品をおごります。当たり前か。

 

フロントは私は1年に1回くらいしか換えません。当初はレースごとに交換していたのですが、実際、1年くらい余裕でモチますのでリアしか換えないのです。お財布にも非常にやさしいです。


組み付け、清掃。

さっそく装着します。

 

ついでにチェーンの掃除もね。このあたりのフリクションロスはバカにならない、やったらやっただけの成果が帰ってきます。

 

1丁程度の変更であれば予想通りチェーンはそのままで使えます、変更不要でした。

 

520がいいという方もいらっしゃいますし、428の方が軽いという意見もあり。悩ましいところです。


姿勢を前のめりに。

そして、せっかくフルアジャスタブルなナイトロンを付けているので、そちらも調整。

 

ショック長を伸ばしてキャスターを立てて初期旋回性アップ。ホントはスプリングレートも調整したかったのですが、今回はこの仕様で行きましょう。

 

うん、ベストラップ更新の準備はできたね。物理的には!あとは、俺次第!!


関連コンテンツ