ヘッド破損によるTT九月場所のDNS、これに対応するためにスペアエンジンを導入。

30xカムだけ取り付けてとりあえずの走行ですが・・・。

 

やはり1号機の

 

  • バルブガイド打ち替え
  • バルブAll新品交換
  • シートカット&摺合せ

・・・等々

 

を行ったエンジン比べると明らかにパワーがありません。だって最終コーナー後半でどんどん回転が落ちちゃうんだもの。怒りのシフトダウンを食わせてもあちこちでリズムが合わず、16.4秒という体たらく。エンジンのせいもあるんでしょうけど、テクニックだよなあ。腕があればこういうエンジンでも13秒くらいで走っちゃうんだろうなあ。

 

乗りきれないとあちこちで動きが硬くなりリアショックに荷重を掛けられないのでリアタイヤがズルリと滑ったり、うまく行きません。いちどスパコルをリアに入れて試してみようかしら。

 

とりあえず走らないエンジンで走っても楽しくないので(楽しくなきゃ!)、ヘッドは1基作って・・・1号エンジン(クランク芯出し済)に装着してエンジン積み戻すかことにしましょう。2号エンジンはゆっくりと手を入れます。

 

あまり得るものはありませんでしたが、経験値は増えたと思います。次回はAに混ざって19日(土)か、Cで25日(土)か。1日くらい仕事休むかな。

 

こんなとこで足踏みしてないで一気に13秒台まで突っ込みたいですハイ。

 

でも、あせらず一歩一歩。


関連コンテンツ