腕を磨くのは当然として。

6万8千円のSRX2503WPを購入後、皆様のアドバイスを経て

 

  • フロント一式:R1Z、車高はSRX250ノーマルより5mm突き出し
  • フロントブレーキマスター:YZFR1
  • フロントブレーキキャリパ:TZR250R
  • フロントブレーキパッド:ズィクー
  • リアホイール:R1Z
  • リアサスペンション:3MAダンパー+FZR400スプリングをカットして装着
  • ハンドル:R1Zノーマルをトップブリッジ下へ
  • ステップ:オリジナル
  • マフラー:タマスピ1本出し
  • キャブ:ノーマル
  • エンジン:ヘッドフルHO(井上ボーリング)
  • タイヤ:α13
  • オイル:モチュール300V(15W-50)
  • メーター:KOSO RX2-NR GP-STYLE
  • 電装系統:ノーマルハーネス間引き
  • その他:充電系統撤去

 

くらい、手を入れました。
まだTTでの成果は出ていませんが、確実にマシンは速くなっています。

 

ある程度マシンが速くないと楽しむことすらできない、これが2戦のTT参加によって得た最大の教訓かも・・・。

 

いいタイヤを履くことも、エンジンのコンディションを保つことも、もちろん練習することも全て自分のため、自分のためなので「ここまでやらないといけない」「ここまでしなさい」と言ってくれる人もおらず、自分で折り合いをつけるしかありません。で、望みどおりの結果を得られる人は一握り、その他大勢はできる限りの努力で次を狙うしかないのです。

 

さあ、エントリー受付開始間近、筑波TT。最下位脱出目指すぞ・・・!






 

関連記事