Force One-Fourth。通称FOF、参戦!

筑波サーキットにおいて私が参加しているレース、ツーリストトロフィーは通常、1年あたり3戦が組まれています。

 

いくつかの参加クラスがあり、それぞれスプリントでして私はその中の「ノーマルシングル2」に参加しています。が、この年はなぜか(なぜだろ?)スプリントは3月と6月の2回しかなく、9月はなんと「耐久レース」になるというお話。

 

もともと耐久に出る準備も体制もないので参加するつもりはなかったのですが、なんと行きつけのショップさんがCBR250Rがあるから使えばいいじゃないの、ととてもうれしいお言葉。

 

「RTほたるいかZ」のチーム監督と相談し、じゃ知人含め3人で出ましょうか!ということに!


前日練習、転倒!

さて前日の特別スポーツ走行。

 

残念ながら私が業務多忙で参加できず、チームメイトにマシンを託します。ただ、この「前日練習に参加しない」ということ、確かにレースはマイペースでやるべきですし、草レーサーとして仕事はとても大事(稼がにゃ走れない)ですが、やはりこの「特別スポーツ走行」をキャンセルする、ということはかなりよろしくない、と考えています。詳しくは別途・・・。

 

で、突然の悲報!

 

1ヘア突っ込みで転倒!

 

ライダーに怪我はないとのことで一安心。知人を頼りなんとかマシンを修復し、当日へ繋げます。(茶利さん、本当にありがとう)



当日。

さて当日。

 

いつも通り3時半起床、5時半入りで筑波サーキットへ。朝イチでマシンを確認、曲がっているペダルだけ手持ちのパーツと交換して車検は合格。

 

慌ただしく予選へ突入。

 

スプリントじゃないから予選は無理しても仕方ない、とりあえずマシンの修復具合と私のCBR完熟タイムってことで慎重に走って・・・えーと、知らなかったんですが

 

「予選落ち」

 

なんて、あったんですね。120%ルール、つまりトップより20%以上遅いタイムだと決勝を走れないのでした(そんなことも知らずに参戦していたこと、深く恥じています)。ギリギリ最下位、もはや定位置(やだなーもう)で予選通過。

 

 

よっしゃ巻き返すぜっ!



決勝、スタート!

さあ、決勝スタート!

 

ここで作戦名、「かめさん作戦」発動!

 

長丁場です。本来はピットインをできるだけ控えるべき、なのですが、当日の天候がかなり厳しい(酷暑)だったこともあり、安全を優先して比較的短いスティントを設定、こまめなライダー交代で集中力を切らさず、そして転倒を避ける作戦。

 

スタートこそ最下位の49位でしたが、この作戦はズバリ的中!

 

凄まじいサバイバルレースの様相となるコース上は転倒車、トラブル車が続々と出ています。

 

そんな中我々は手堅く順位を上げ中盤で40位を快走!9台をごぼう抜き!楽しいっ!



やった!完走&ビリじゃない!

そのままノートラブルで走りきり、36位でフィニッシュ!

 

13台抜きは上出来だと思います、いつも最下位常連の私としては仲間の力が合わさるとさすがに強いなあ、なんてことを思いました。

 

もちろん、上位チームは「2時間30分のスプリント」を戦い抜いているわけですが、耐久ならではのこういった参加の仕方、楽しみ方、レースの仕方もあるんだなあと発見した一日でした。



リザルト。決勝、49台中36位。

2013筑波ツーリスト・トロフィー in SEPTEMBER

予選

49位(49台中) 1分20秒298

Force One-Fourth(予選) Weather :晴れ Track :ドライ

決勝

36位(49台中) 1分16秒386

Force One-Fourth(決勝) Weather :晴れのち曇り Track :ドライ

※タイトルクリックでリザルトへ。

 

予選と決勝のタイム差ったら!たぶん、私じゃなくてチームメイトのタイムですわ。

関連記事