11月29日。サーキット用マシンをGetして走る。

【スポンサード リンク】

やっぱり、サーキット専用マシンが欲しい。

なんとか初走行を無事終えたワタシ。

 

もちろん楽しかった、でも、早くもTRXで走ることに疑問を覚えたのも事実。

 

学生時代にモトクロスを少しかじっていたのですが、当時も当時も街乗りマシンであったDT200WRがあるにもかかわらず、結局サーキット専用にWR250Z(乾燥重量90kg未満、出力50馬力のバケモノマシン。結局乗り切れず手放した)を購入した、という経緯があります。

 

 

 

 

 

その理由は・・・

 

  • 保安部品のつけ外しがメンドクサイ
  • コースで壊したらすぐ直さないと行けない(街乗りできないもんね)

 

そして何よりも

 

  • タイヤがもったいない

 

なんですね。

 

街乗りで愛用している「パイロットロード」は街乗り&ツーリングではこれ以上ないという使いやすさと十分なグリップを持っています。サーキットの特殊舗装でそれなりの走りを楽しむならば恐らくは問題ないのですがやはり剛性の低さは否めず、いいタイヤ履きたいですよね。

 

でも、せっかくのレースライクなタイヤを街乗りでセンターだけ減らすのももったいないし・・・なによりも大型マシンはランニングコストも修理コストも高い!

 

これは小さいマシンを手に入れるしかないな・・・そうだ、学生時代に筑波を走っていたアレだ。

 

SRX250だ!


物色。

さあ、ターゲットは決まった。

 

SRX250を狙った理由は「昔乗っていた」以外にもあり、

 

  • メンテナンス費用を抑えることができる
  • 車体そのものも安い
  • タイヤその他も安い
  • SRX250が参加できるレースがある

 

等。そりゃ、オーバーリッターでガンガン走れる余裕があればいいけど、ねえ。続けるためにはそれを維持できるかも考えないとです。

 

ベースマシンはもちろん程度がいいほうがいいのはもちろんですが、当然新しいのは高いです。SRX250は大きく分けて2種類があり、

 

  • 51Yは古くてフロントホイールが16インチでリアブレーキがドラムでパワーがある(32馬力)
  • 3WPは新しくて(と言っても1991年式)フロントホイールが17インチでリアブレーキはディスクでパワーがない(28馬力)

 

に分かれる。

 

もし、私が「スポーツライディング」を楽しむだけであればどちらでもいい、となるわけ。でも最終的にレースに出てバトルを楽しみたい、となるとできる限りベースマシンの性能は高いに越したことはありません。あとは同型車両でのレース参加者が多いかも大事。情報も多く入るし、同じマシンというだけでお友達になれるので(私だけ?)、将来的に参加したいレースの情報を集めるといいのです。

 

ざっと見た感じ、将来的に狙うレースは筑波サーキットで行われる「筑波ツーリストトロフィー」の「ノーマルシングル2」クラス。

 

相変わらずコースレコードはSRX250が保持している(のちにこの方ともお知り合いになれるとはこの時は思いもしなかった)。参加車両を見てもSRX250率はまだ高い。エンジンパワーは51Yに軍配が上がるものの、どうやら3WP勢が優勢な様子、恐らくタイヤとブレーキの問題だろう。エンジンはレギュレーション上51Yに積み替えても問題はない様子。

 

よし、3WPに決定!

 

ネットオークションをあさり、なんと6万円でベースマシンを手に入れることができたのでした。いらないものをどんどん取っ払い、サーキット専用マシン完成!コースへ持ちむぞ。やった事はこんな感じです。

 

  • タイヤをTT900GPへ入れ替え
  • フロントフォーク全バラ、オーバーホール。オイルを20番に。
  • リアショック分解してリンク回りの掃除とグリスアップ。
  • リアショックを3MAへ変更。ボルトオンという情報を以前から持っていたので。
  • 保安部品撤去。
  • エアボックス撤去。
  • 前後ブレーキキャリパーオーバーホール。


そしてスポーツ走行。

なんとか膝ついて走るの図。はためく「オレ、初心者」ゼッケンがまぶしいですね。

 

流石に超軽量マシンのSRX250、初走行でも袖ヶ浦フォレストレースウェイの第8ターン、通称「ギャラリーコーナー」でなんとか膝スリを達成することができました。恥ずかしいことにここ以外で膝スリできないのが当時のワタシのレベル。タイム的には1分40秒とか、35秒とかじゃなかったかしら?

 

リアショックが沈みすぎのような気が・・・サイドスタンドステーも擦ってますね・・・さらに痩せろと?

 

視線も近いなあ。もっと伏せて、体入れていいなあ。 マフラーはもっと抜けいい奴じゃないとまずいみたいです。溶接機買ったから自作にトライしてみましょうか?

 

パワーが欲しいのでエンジンも51Yに換えないとね。最終的には発電機もセルも撤廃かな。

 

走れば走るだけ、やりたいことが浮かんできます。

 

でも、とりあえず足は踏み入れたのだ!ここで腕を磨けば・・・筑波が待ってるかも。そうしたら、20年越しのNS2復帰。こいつは、やるべきだね。

 

もう決めた!来シーズンは出るぞ筑波NS2!


お友達、増える。

流石に40過ぎるとなかなか新しいお友達は増えるものではないのですが・・・

 

こんな文章をmixiに載せたところ、筑波ツーロストトロフィーでNS2に参戦されている方からたくさんのメッセージを頂くことができました。恐らく、私がラッキーだったことの一番はこのmixiでの「人のつながり」です。

 

皆さんチョッ速なのに、こんな遅い私をとてもフレンドリーに迎え入れて下さいました。この頃から、筑波走りましょー、というお誘いを頂いたんだっけなあ。

 

まだまだ、サーキット走行1年目。レース参加は遠いと思っていました。



【スポンサード リンク】

よく読まれています!


11月29日。サーキット用マシンをGetして走る。 関連記事はこちら

7月24日。サーキットを走ると決めた!

2011年のある日。バイク仲間からこんなメールが届く。From: oma-sanSent: Sunday, July 24, 2011 2:42 PMTo: KowSubject: お知らせ行きつけのショップのBOSSより袖ヶ浦フォレストレースウエイhttp://www.sodegaura-fore...

≫続きを読む

8月27日。袖ヶ浦フォレストレースウェイでライセンスを取る。

ふと、昔を思い出す。確か、20年前に筑波サーキットのファミリー走行ライセンスを取得した時って、確かドレンボルトにワイヤリングしたような・・・。行きつけのショップのBOSSがすでに袖ヶ浦フォレストレースウェイのスポーツ走行ライセンスを取得されておられるので確認すると、ドレンボルト含めてワイヤリングの指...

≫続きを読む

10月9日。袖ヶ浦フォレストレースウェイでを初走行する。

ライセンスを手にしたので、さっそく走ってみる。とはいいつつ、トランポなし街乗りTRX850オンリーなので、とりあえず自走で走ってみることにしましょうか。自走とは?レーシングスーツ、簡単な工具、ガムテープ等の小物一式を抱えてバイクでえっちらおっちらサーキットまで行って走行し、またそれらを抱えてえっちら...

≫続きを読む

11月29日。サーキット用マシンをGetして走る。

なんとか初走行を無事終えたワタシ。もちろん楽しかった、でも、早くもTRXで走ることに疑問を覚えたのも事実。学生時代にモトクロスを少しかじっていたのですが、当時も当時も街乗りマシンであったDT200WRがあるにもかかわらず、結局サーキット専用にWR250Z(乾燥重量90kg未満、出力50馬力のバケモノ...

≫続きを読む

12月13日。トランポを確保する。

さあ、マシンは整った(まだまだ手を入れるだろうけど)。それなりに安く調達できたし、出場したいレースも決めた。そうなると必要なのは足、ですね。何度か袖ヶ浦フォレストレースウェイのスポーツ走行を走りましたが、その時はレンタカーで軽トラを借りていました。確かに最近のレンタカーは結構安いんだけど、毎回6,0...

≫続きを読む

2011年度総決算。

まずは、走れてよかったなという1年(半年)でした。昔(20年前!)に筑波サーキットを少し、モトクロスをしっかり?やっていたため、またいろいろな方がオンライン・オフライン問わずご支援してくださったおかげで大きなトラブルや怪我なく、それぞれの走行を終えることができたことが最大の収穫だったと思います。遠い...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP