いわゆる腰上OH。

SRX250のヘッドを降ろしてバルブ&カム周りを全パラ。

 

燃焼室とピストントップは綺麗、だがバルブガイドの磨耗がもうこりゃ限界なんじゃなかろか・・・?バルブガイド内径を計るような機材は持っていませんが、バルブを持ってゆすると微小ながらカコカコという手ごたえが、、、バルブステムシールはもちろん交換。

 

そして異常に広いバルブ当たり面、さすがにバルブシートカットする道具も腕もないので刷り合せでまあ良しとする(ホントはよくない!)。

 

バルブステムシールとピストンリングを交換し、さらに純正流用のカムシャフトをインストール。祈りを込めてトルクレンチで締め付け。

 

エンジン内部も綺麗でしたし、ばらした形跡が無くレッドまできっちりまわるので当たりエンジンと思っていましたが年式相応に磨耗してますね~むしろいいほうなのでしょう。

 

シーズンオフはヘッド作り直しかな?しかし、構成がTRXと変わらない、さすがというかなんと言うかYAMAHAエンジン、作りがそっくりです。

 

詳しい作業はこちらに記載しております、ご覧くださいませ。→アマチュアレーサーのバイクメンテナンス



ここんとこの成果。

まずヘルメットが変わってる・・・ではなく。

 

上半身の力が抜けてることと、体重移動はよくできていると思います。リアにしっかり過重が掛かっていますが、その分座面の低さが出てきました。これはよいシングルシートをつけて座面をあげることができればさらによくなるのでは・・・と思います。急ごしらえで作った流用リアショックもまずまずのセッティングが出ているかな?

 

まだお尻ずらし過ぎですね、もっともっと車体を寝かして追い込まないと。

 

あとは高速コーナーを大胆に攻めることができれば、さらに楽しめると思います、がんばります。






関連記事