筑波ツーリストトロフィー in Marchの余韻も冷めやらぬ?4月恒例月一練習でっす

さて、筑波ツーリストトロフィー in March後の初練習です。

 

なんとか完走できた「筑波ツーリストトロフィー in March」、しかし耐久レースじゃないんだから完走を目標にしてもねえ・・・。

 

タイムも結局は16秒半ば、初バトルで手ごたえあり!とはいいつつも人の欲望には限りがありません。

 

去年の同レースでは「1分19秒108」などというタイムで走っていたというのに、やっぱ14秒コンスタントで走れないとね、などと分不相応なことを考えつつ、筑波サーキットへ向かいます。

 

しかし凄い込み具合!

 

暖かくなってきたからか、いつもならば最終コーナー内側あたりに陣取れるような時間に筑波サーキットへ到着しましたが・・・結局芝生エリアになんとかスペース確保。設営中にも次から次へとトランポが押し掛け、あっという間に満杯に。あぶれた方々はどうされるんでしょう・・・Bパドック行き?



恨みのインシュレーター交換。

いや、恨みというよりも自分が中古パーツに頼ったからいけないんですが。

 

このところの度重なるエンジンブロー、原因は恐らくこのインシュレーターであると判断しました。しかし、2次エアの恐ろしさよ。買えば1つ5000円、左右2つで1万円。高い、確かに高いですがこれでエンジン何基壊したんだろ・・・。

 

こういうパーツは定期的に新品にすべきなのでしょうね。サーキットユースの負荷もなんとなくわかりかけてきました。

 

これでFCRのジェッティングも決まりそうで何よりです。

 

取りあえず、軽く1本目を・・・



いきなり15秒台半ば!

いや、ホントたいしたタイムではないのですよ。

 

しかしベストラップ14.9秒のはずのワタシ。このところどんなに力んでも16秒台連発だったのでこのタイムは嬉しい!気を良くして2本目!



ツルシエンジンでベスト更新(笑

あらら、14.8秒!

 

ベストラップだ(笑

 

なにが「笑」かと言えば、このエンジン、三千円でオークションで落札してオイル交換しただけでなーんにもしてないんです。

 

発電機も付いたままでバリバリ発電してますし、バルブも擦り合わせてないし。その他もろもろ、何もせず。

 

これでベストがでるってことは、走りが少し変わってきたかしら。多少痩せた成果かな?

 

3本目は強烈な風が吹いてきてベスト更新ならず、今日はこれでおしまい!



タイヤが・・・スーパーコルサっぽくなってきた

ほぼ3時間走ったリアタイヤ。ピレリスーパーコルサです。

 

アブレーションが少し出ちゃってますね・・・。

 

この出方は恐らくホットタイヤ。つぶれて面で路面をつかむべきところでタイヤをつぶしきれず、少ない設置面に負荷が掛かりすぎ集中的に熱が入る現象・・・のようです。エアをちょい抜いてプリロードも多少いじりますかね。



さーて、エンジンどうしようかな。

走りが(私のレベルとしては)それなりに進化してきたようです。

 

さあ、エンジンどうしよう。

 

レギュレーションの範囲でもやれることはそれなりにあり、新品のバルブを使ってバルブシートカットを決めて新品のピストンを使い、そしてクランクシャフトの芯出しをすれば恐らくそれだけであと1秒やそこらは出るはずです。

 

でもなあ、結構お金掛かるんですよね・・・。

 

何しろ年3回しかない筑波ツーリストトロフィー、出来る限りの準備をしたいのですが。

 

ま、次回は6月ですからもう少し悩む時間はありそうですね。


関連記事