9月9日。復活の筑波ツーリストトロフィー9月場所参戦!特別スポーツ走行の巻。

【スポンサード リンク】

骨折から早5か月。確か・・・全治2か月のはず、でしたよね?センセ。筑波ツーリストトロフィーSeptember、参戦!

さて、ご存じの通り?某レースで右鎖骨を骨折してしまったワタシ。

 

不幸中の幸い、ゴールデンウィーク初日での怪我ということもあり、仕事には全く影響を出さなかったのですが流石に骨折は重傷、全治2か月との診断でございました。

 

うーん、全治2か月・・・6月の筑波ツーリストトロフィーは参加できないなあ、でも9月には楽勝だねっ!っと思っていたのですが・・・。

 

残念ながらまだお医者様からは鎖骨バンドの取り外し許可は頂けず。でも、日常生活をしている手ごたえ(肩ごたえ?)では、恐らく走行可能なような気が?

 

よし、とりあえずエントリーだ!

 

でも無理はしません、前日の練習走行でしっかりと様子を見て、少しでも不安があるようでしたらリタイヤすることにしましょう。なにしろ非日常空間のサーキット、自分の無茶は他のエントラントにご迷惑をお掛けしてしまいますから。

 

まずは転倒して壊れたマシンの修復、そして感じた不満の改修を。

 

某社の強化スプリングを購入、自宅で取り付けました。説明書によれば、およそ10%のレートアップということですが・・・うーん、線径は確かにアップしていますがやたらピッチが細かいような?ピッチが細かいとレート落ちるはずなんですが・・・

 

伝票を見て間違いなくNINJA250SL用であることを確認し、とりあえず組み込みます。

 

しっかしノーマルのリアダンパー、めっちゃシンプルだなあ。


今回は軽トラックをレンタルしました。

いつもなら得意のトレーラーで参加するところですが、今回は自宅の車を家族がどーしても使う!というので、レンタカーを借りました。

 

当然、軽トラです!

 

軽トラはたった一つのウィークポイントを除いてしまえばサーキット専用車といってもよいくらいのスペックを発揮します!

 

そのメリットはやたらありますが、たとえば

 

  • レンタカー費用が安い
  • 燃費がいい
  • 積載量がすごい

 

などなど。

 

サーキット遊びで初心者の方が一度は悩む「トランポどうしよう問題」、その解決策の一つが軽トラのレンタカーなのです!

 

ということで近所のレンタカー屋さんで2日間軽トラをレンタル。NINJA250SL、工具、発電機、その他機材を満載して出発する8日木曜日の深夜・・・。

 

さあ、復活のレースウィークの始まりです!




深夜1時前。筑波サーキットに到着・・・!

夜中は道路も空いていて快調に距離を稼ぎます、安全運転で筑波サーキットに到着です!

 

ピット争奪戦の行列に並びます、前から15台目。これは楽勝でピットゲットでしょう、と思っていたら・・・気さくな職員さん曰く

 

「うーん、厳しいかもねえ。ガレージ借りて水曜日から泊まり込み組が結構いてね、15台目じゃギリギリかもよ?」

 

え、まじっすか。

 

とはいっても今更仕方ないのでビール1本飲んで就寝です。

 

・・・ここで軽トラの唯一(は言いすぎです)にして最大のウィークポイント。シートがリクライニングしない!眠れない!さらに窓を開けておいたら蚊の襲撃・・・

 

B型の私はあまり蚊に食われない体質なのですが流石に眠れない。うつらうつらしているうちに夜が明けました。5時過ぎになるとそれぞれのトランポでも皆さん起床の様子。

 

そしてピット券を配りながら近づいてくる職員さん・・・


なんとかピットゲット!最後の一枚。

なんと、最後の一枚でした!

 

ギリギリだったねー、だから言ったでしょ、なんて言われながら(そう言われてもどーしよーもない)、お礼を言って30番ピットをゲット。

 

そして6時にゲートオープン、ピット前に軽トラを止めてようやく一息。


帰ってきたぜ・・・筑波サーキット!そしてNINJA250SL!

そしてすっかり朝。

 

気分いいくらいの晴天!ガラガラのピットロードは最高の気分です。

 

やっと帰ってきた・・・鎖骨は繋がり切ってないけど、とりあえず帰ってきたよ俺!


ピットにNINJA250SLをおろし、走行準備・・・

今日は名古屋から参加のチームメイトとご一緒です。

 

250ccシングルはさすがの細さ、2台並べてもピットは余裕です。

 

すべての機材をおろして走行準備。ですが、今日は特別スポーツ走行の2本しか走行予定はありません、出番は12時30分過ぎですから半日時間があります。NINJA250SLも半年ぶりの筑波サーキットですから自宅で整備はしているものの、入念に各部をチェックします。

 

ボルトの締め付け、冷却水の投入、ワイヤリング・・・あとリアタイヤの交換。これは腕利きメカニックのカッツさんにお願いしました(ありがとうございます!)。

 

と、そこで一人の青年が。

 

「あるよー。C2のチケットあるよー^^」

 

恐らく何らかの事情で走行できなくなってしまったのでしょう、これは幸いとばかりに現金で購入!ちなみに走行チケットの譲渡は認められておりますのであしからず。

 

急きょC2、特別スポーツ走行1そして2の3本を走る機会に恵まれました。

 

久しぶりの筑波サーキット!

 

もちろん、右側を走りながら最初はじっくりと。思ったよりNINJA250SLは思い通りに動いてくれます、レートアップしたスプリングもまずまずかな?徐々にペースアップで1本目は1分15秒フラット。

 

うん、まあまあじゃん!(私にしては・・・^^)

 


ところが。タイム伸びず。

2本目の走行は、これはベストラップ狙いでしょう!

 

そう意気込んでコースインするも・・・ん、タイムが伸びない?

 

タイムが伸びない、というよりもコーナー立ち上がりでスロットルを開けられない・・・リアのスプリングが硬すぎた?いやいや、10%のレートアップぐらいでそんな馬鹿な・・・

 

しかしラップタイマーは正直です。

 

久しぶりの筑波サーキットで確かに走りが甘いのは間違いありません、侵入で速度を殺しすぎてしまい旋回力を発揮させられていない・・・にしても、これは酷い。結局2本目、3本目ともに15秒前半がいいところのなんとも微妙なタイムで練習日を終えました。

 

やれやれだぜ。

タイムはアレですが、それでも私とNINJA250SLは筑波サーキットに帰ってきた!

とまあ、不満はありますが全く練習もできなかったわけですからこれは仕方ありません。

 

また、15秒が出ていれば最後尾ってことはないはず(だと思っていた・・・伏線です(笑))なので、とりあえずは無事に走行できてよかった、というべきでしょう。

 

まずは「継続する」が私のスタイル。

 

なんて全然かっこよくありませんが、帰ってきたぜ。筑波サーキット!そして愛機NINJA250SL!

 

決勝当日へ続く!

 

PS.あ、すっかり忘れていましたが右肩、鎖骨骨折の影響は全くありませんでした!行くぜ決勝!




【スポンサード リンク】


9月9日。復活の筑波ツーリストトロフィー9月場所参戦!特別スポーツ走行の巻。 関連記事はこちら

4月23日。筑波ツーリストトロフィー4月場所参戦、Ninja250SL投入!

私ごとではございますが、2015年7月より某所へ単身赴任しております・・・。悲しき会社員、業務命令は絶対。さてどうするか・・・今まで通りのレース活動は望めません。毎週土日は帰宅できるとはいえ、当然家族サービスも大事。レースに費やせる時間は、今までのなん分の一だろう?減らせるものはなんだ。練習・・・は...

≫続きを読む

4月30日。転倒、そして骨折のマル耐久、汗と涙の袖ヶ浦フォレスト!

え、いまさら4月30日のレースレポートだって?遅すぎない?そう、いつも筆が(キーボードが?)重くそれほど速いタイミングで記事をアップしない私なのですが、それにしても遅い。そう、それには理由があるんです・・・。やってしまいました。クラッシュ、そして骨折です。

≫続きを読む

9月9日。復活の筑波ツーリストトロフィー9月場所参戦!特別スポーツ走行の巻。

さて、ご存じの通り?某レースで右鎖骨を骨折してしまったワタシ。不幸中の幸い、ゴールデンウィーク初日での怪我ということもあり、仕事には全く影響を出さなかったのですが流石に骨折は重傷、全治2か月との診断でございました。うーん、全治2か月・・・6月の筑波ツーリストトロフィーは参加できないなあ、でも9月には...

≫続きを読む

9月10日。復活の筑波ツーリストトロフィー9月場所参戦!予選そして決勝の巻。

さあ、いよいよ筑波サーキットで開催される、筑波ツーリストトロフィーSeptemberの当日です!決勝当日のレポートはもはやマンネリの感ございますが、例によって早朝自宅出発の図、でございます。ただ愛車はレンタカーの軽トラック!しかし、空身の軽トラックってものすごくクイックに走りますね(笑。午前3時半出...

≫続きを読む

【スポンサード リンク】

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP