5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げるぜ。

【スポンサード リンク】

筑波ツーリストトロフィー6月場所(June)に向けて。

 

4月はとある事情で参加できなかった、筑波ツーリストトロフィーApril。

 

今年の前半戦はインターバルが短く、次戦はなんと6月。こりゃ、出るしかないでしょ!

 

とはいいつつ、昨年2016年に最後に参加した「筑波ツーリスト・トロフィー in September」では、相変わらずの最下位争いを演じるという、文字通り「相変わらず」の状態。

 

いえいえ、最下位が悪いなんてこたあ全くないんです。

 

攻め込めたか?と言われれば、NO。これじゃあだめなんです。

 

もちろん腕がアレなのが一番の原因ですが、NINJA250SLのよさを引き出せたか?といえばこれまたNO。

 

ということで、も少しお金を掛けて、NINJA250SL君を「走るマシン」にしてあげましょう。

 

・・・お金でタイムを買うことも、レースです。ハイ。


とりあえずリアにはYSSを驕る。

 

まず、投入したのはYSSのサスペンション。

 

これは「筑波ツーリスト・トロフィー in September」で感じたリア周りの動きのおかしさ、具体的には

 

  • ダンパーの圧倒的な不足
  • フルボトム時の動き(動かない?)

 

を解消しようとしたものです。だって、1コーナー立ち上がりじゃリアが固着しちゃってスロットル開けられないし、最終コーナーじゃリアのピッチングが止まらなくて、これじゃあ楽しく開けられません。

 

手持ちのSRX250用の特注ナイトロンを改造して取り付けようかとも思いましたが初めから絡め手に走ると嵌りそうなので、まずは専用品を、しかも早々にナイトロンに交換の可能性もあるってことで、比較的安価なYSS・・・の中でもさらに安い「YSS リアシングルショック MX366 ニンジャ250SL用」をゲッツ。

 

一通りの調整機能ができて、オーバーホールも可能。でも、伸びが60段に対して圧が3段ってこの格差がスゴイっすね。

 

とりあえず取り付けたあとカチカチいじってみましたが、調整に対してリニアに反応している様子。まあ、圧ダンパなんて使い方よくわかってないし「強・中・弱」の3段階で必要十分かも。高速圧ダンパ、低速圧ダンパなんてワタシには到底使いきれません。

 

あ、リザーブタンクの位置は後程変更の予定です。シートの中に入れちゃうかもしれません。



リア周りも全バラしてグリスアップ。

 

せっかくリアホイールとショックを外したのですから、この機会にスイングアームとリンクを外してグリスアップ。

 

うわさには聞いていましたが、グリスは少量しか入ってまへん。こういうものなのか、と思いましたがサービスマニュアルを見ると「ニードルベアリングの内側にグリスを充分に塗布する」なんて書いてあって(13-19ページ)、おいおい充分ってどんなもんよ、という感じ。

 

流石にグリスを入れなおして組むとスルスル動くんですが(ちなみに写真は入れなおしたあと)。

 

このあたりの工程は「NINJA250SLのリアサスペンションをYSSに変更しよう!」をご覧くださいませ。


リンクの動きが渋い・・・

 

NINJA250SLのリンクには、ニードルローラーベアリングは入っていません。

 

メタルで支持されています、まあ車格を考えたら問題はないと思われ、単なるコストダウンというわけではないかと思われます。

 

が、中央の摺動部のオイルシールが硬く、動きが渋めです。

 

今回は手を入れませんが、オイルシールを軽くヤスるなどして、改善が必要かもしれません。



そこで気づいた驚きの事実(ミス)・・・

グリスアップすると動きがいいなあ、なんてスイングアームをグリグリ動かしていた時に・・・。

 

スイングアームを上に振った時にガツン、と。あれ?フルボトムってここまでしか動かないの?

 

そんなばかな・・・と調べてみると・・・。

 

 

ななな、なんじゃこりゃーーー!

 

リアブレーキのマスターシリンダーとスイングアームのカバー(マッドガード、チェーンケースを兼ねているので付けている)と干渉してるじゃないですか!!!
(赤丸部の傷が干渉部)

 

これだ・・・筑波1コーナーの立ち上がりでスイングアームがまるでスプリングが座屈(バネ線とバネ線がくっついちゃうこと)してるかのように動かなかったのは、これだ・・・

 

2016年4月の転倒(骨折したとき)に右ステップがステップ基部ごと曲がって内側に入り、結果スイングアームと干渉してたんだ・・・

 

これじゃ動かないはずだ!

 

てーことは、最初に書いた

 

  • ダンパーの圧倒的な不足
  • フルボトム時の動き(動かない?)

 

の2つ目はユーザーミスじゃん!

 

がっくり。でもわかってよかった。

 

これは後日、対応します。(直しました「5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。」)

 

しかしなんというか、根性ねえぜNINJA250SLのフレームよおお!(コケるお前が悪い!)

さくっとタイヤもいわゆるひとつの「PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2」に。

 

タイヤも練習に向けて交換します。

 

もちろん、チョイスしたタイヤは「PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2」、間違いはありません。

 

NINJA250SLの場合は、フロントはCS1(ソフトコンパウンド)の110、リアはCS2(ミディアムコンパウンド)の140を選択します。ちなみに140はCS2しかラインナップされていません。

 

私は大抵、フロントは1年を通して使い切ります。リアは3時間をめどに交換します。

 

タイヤ交換はもちろん自分でやります、「ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。」をご参考にどうぞ。慣れれば前後で40分もかかりません。



まずはここまで。

 

以上で、とりあえず

 

  • NINJA250SLのサスペンションをYSSに交換
  • 同、タイヤをスパコルに交換

 

が終了です。

 

さて、あとはアレとアレを・・・うふふ。お楽しみに!

 

追記:しかし、お金掛かりますねえ。働こう。


【スポンサード リンク】

よく読まれています!


5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げるぜ。 関連記事はこちら

5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げる...

4月はとある事情で参加できなかった、筑波ツーリストトロフィーApril。今年の前半戦はインターバルが短く、次戦はなんと6月。こりゃ、出るしかないでしょ!とはいいつつ、昨年2016年に最後に参加した「筑波ツーリスト・トロフィー in September」では、相変わらずの最下位争いを演じるという、文字...

≫続きを読む

5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。

2017年4月の転倒は私の体に右鎖骨骨折というダメージを与えただけではなく、NINJA250SLのフレームにまで影響を与えていました。とはいえ、ひん曲がったのはステッププレート基部。袋状に溶接されたこの部分、まあモナカみたいなものですから、レーシングバックステップの強靭なプレートと固定ステップバーに...

≫続きを読む

5月27日。NINJA250SLで9か月ぶりに筑波を走るのだ!

いやあもう、9か月ぶり。なんとなく仕事のピークも過ぎ?6月に筑波ツーリストトロフィーも近づいてきたこの頃。このチャンスに走り込んでおく必要がありますよね!というわけで、行ってまいりましたスポーツ走行です。例によって当月予約の走行チケット争奪戦に勝ち抜いてゲットしたC枠走行2本。・・・しかし、27日(...

≫続きを読む

6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。

さあ、梅雨入りです。ですが、あと1週間でいよいよ待ちに待った筑波ツーリストトロフィー。しかし私のマシン、NINJA250SLは先日のスポーツ走行で転倒し、ステップとハンドルバーを破損しています。さくっと修理し、ちょっとしたチューニングを施しましょう!

≫続きを読む

6月11日。サブコン、サブコン!NINJA250SLにサブコンを入れるぜっ

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June(6月場所)まであとわずか!最後の味付けは「サブコン」でございます。サブコン?サブコンピューターチューン。インジェクションはガソリンの吐出量、タイミングをすべてコンピューターでコントロールしています。そのコントロールはエンジンの回転数、クランク角、そして...

≫続きを読む

6月16日。筑波ツーリストトロフィー in June 特別スポーツ走行にNINJ...

さあ、いよいよ待ちに待った今年初レース、筑波ツーリストトロフィー in Juneがやってまいりました!筑波ツーリストトロフィーそのものは4月にもあったのですが家庭の事情(息子の受験、他)で不参加であったため、私の今年初レースです、気合十分!・・・とはいえ、相変わらずの練習不足は否めず、さらにその数少...

≫続きを読む

6月17日。筑波ツーリストトロフィー in June NS2クラス参戦!

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June、いよいよ本番当日がやってまいりました!前日は3本の走行で体は筋肉痛でガタガタ、しかし心地よい疲労もあり10時には就寝。起床時刻の3時半までたっぷり寝られる・・・はずでしたが意外にも伸びないタイムが頭をぐるぐる回りなかなか寝付けず。自動的にイメージトレー...

≫続きを読む

10月8日。袖ヶ浦フォレストレースウェイ マル耐久参戦!

袖ヶ浦フォレストレースウェイ。千葉県の袖ヶ浦市にある、関東からもっとも(?)アクセスしやすいサーキット。選手権やシリーズ戦がないためいまいちマイナーなイメージがありますが、全長2,436m、大小14のコーナーを備える中堅規模の立派なコースです。正直、千葉のド田舎(失礼)にあるだけあって設備はシンプル...

≫続きを読む

11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた...

筑波サーキット。今さら言うまでもなく、関東近辺で最も本格的な名門コース。選手権のようないわゆる「本格レース」以外にも、絶版車の祭典「テイストオブ筑波」やサンデーレーサーの集い「筑波ツーリストトロフィー」などの草レースも盛んです。そんな筑波サーキットで年末に開催される耐久レースが「Force one ...

≫続きを読む

最新記事

メニュー


PAGE TOP