5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。

【スポンサード リンク】

ステッププレート基部が曲がっちゃいました。

 

2017年4月の転倒は私の体に右鎖骨骨折というダメージを与えただけではなく、NINJA250SLのフレームにまで影響を与えていました。

 

とはいえ、ひん曲がったのはステッププレート基部。

 

袋状に溶接されたこの部分、まあモナカみたいなものですから、レーシングバックステップの強靭なプレートと固定ステップバーに負けてしまうのも無理はない・・・ないのかなあ。

 

大がかりなフレーム修正機があればここを引っ張り出せるのかもしれませんが私はそんなものは持っていません。

 

また、裏から叩こうにも袋状の構造が災いしそれもならず。

 

無理に引っ張り出してねじ穴にダメージを与えても困りますから、ここはテーパー状のスペーサー(シム)を作って修正しましょう。


こんなふうに、マスターシリンダーとスイングアーム(マッドガード)が接触しちゃいました。

 

ご覧くださいこの体たらく。正直、危ないです。整備不良です。

 

赤丸部分でリアのマスターシリンダーとスイングアームのマッドガード&取付ボルトが接触しています。

 

マシンのシートをいくら押してもここまでは押せませんから、気が付きませんでした・・・「5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げるぜ。」の整備で、スイングアームのグリスアップをして初めて気づいた次第。

 

アマチュアとはいえ、レースマシンを扱うものとして心から、反省します。

 

こんな不具合が原因で転倒して他車にご迷惑をお掛けしては・・・そうなる前に気づいて本当によかった。



旋盤で穴をあけて・・・

 

まず、使用するのは旋盤。

 

ああっ、かなり反則ですね。私は金属加工マニアなものでこの手の加工機を一通り所有しちゃってたりします。

 

とはいえ意外と敷居は低く、いまや家庭用(?)卓上旋盤なんてヨシムラマフラーくらいの金額で、しかもAmazonで買えちゃったりするんです。

 


東洋アソシエイツ 精密卓上旋盤Compact9 60500

 

まあこの世界(アマチュア金属加工)の世界も、サーキットランくらい深い沼ですから入るときはきつけて・・・入りたい方は「沼の入り口(笑)」をご参考にどうぞ。

 

でも、レーサー作るときには卓上旋盤がひとつあると(ひとつあればいいんですが)本当に便利ですよ。


フライスでテーパーを付けて・・・

 

そして旋盤よりさらに深い沼であるフライス盤でテーパー加工をします。

 

このテーパー角を調整し、曲がったプレートの修正を行うわけです。



最後に突っ切れば・・・テーパーシム完成!

 

こんなテーパーシムが出来上がります。2つ作りました。

 

グラインダーとドリルでも似たようなものはできるかもしれませんが、この精度はさすが卓上器といえど加工機ならでは、です。

 

この角度が甘いと(そろっていないと)隙間が空いてボルトが緩みやすくなってしまいます。



取り付けます!

 

削り出したテーパーシムを挟んで、バックステップを取りつけます。

 

入念に角度を計測しただけあって(ウソ、目分量)、びしりと車体進行方向に水平にプレートの位置が出ました。

 

念のためボルトには緩み止め剤を入れておきます。

 

シングルエンジンはホントあちこちのボルトが緩みますから。私もステップバーを落としかけて練習走行をフイにしたことがあります。


ばっちり、これなら接触しません。

 

ステップをテーパーシムを挟んで取り付けて、確認。

 

うん。接触していたマスターシリンダーとマッドガード取付ボルトの間に5mmくらいのクリアランスが確保されました。

 

これでフルボトム付近のスイングアームの動きもばっちり。

 

さぞ筑波の1コーナーで、このスイングアームとYSSサスペンションは動いてくれるのでしょう。恐らくミズスマシのようにNINJA250SLは走ってくれるはず!


オチ。

 

以上でおしまい・・・と思ったら。

 

気になって「筑波ツーリストトロフィー」の「特別規約書」を確認したら。

 

32.スプロケット・チェーンカバー(ガード)

フロントスプロケットガードが装着されていなければならない。
また、チェーンとリヤスプロケットの間に、身体の一部が誤って挟まれることの無いように、リヤスプロケットガードを取り付けなければならない。
主に樹脂製のチェーンカバー (チェーン上側に取り付けてある物)の取り外しは自由とする。

 

主に樹脂製のチェーンカバー (チェーン上側に取り付けてある物)の取り外しは自由とする。

 

なーんだ、接触してたマッドガードとボルトごと撤去すれば解決だったかも・・・ま、まあステップは真横向いてた方がいいに決まってるからやった価値あるよね!

 

おあとがよろしいようで。

 

モデファイはもう少し、続きます。

【スポンサード リンク】

よく読まれています!


5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。 関連記事はこちら

5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げる...

4月はとある事情で参加できなかった、筑波ツーリストトロフィーApril。今年の前半戦はインターバルが短く、次戦はなんと6月。こりゃ、出るしかないでしょ!とはいいつつ、昨年2016年に最後に参加した「筑波ツーリスト・トロフィー in September」では、相変わらずの最下位争いを演じるという、文字...

≫続きを読む

5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。

2017年4月の転倒は私の体に右鎖骨骨折というダメージを与えただけではなく、NINJA250SLのフレームにまで影響を与えていました。とはいえ、ひん曲がったのはステッププレート基部。袋状に溶接されたこの部分、まあモナカみたいなものですから、レーシングバックステップの強靭なプレートと固定ステップバーに...

≫続きを読む

5月27日。NINJA250SLで9か月ぶりに筑波を走るのだ!

いやあもう、9か月ぶり。なんとなく仕事のピークも過ぎ?6月に筑波ツーリストトロフィーも近づいてきたこの頃。このチャンスに走り込んでおく必要がありますよね!というわけで、行ってまいりましたスポーツ走行です。例によって当月予約の走行チケット争奪戦に勝ち抜いてゲットしたC枠走行2本。・・・しかし、27日(...

≫続きを読む

6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。

さあ、梅雨入りです。ですが、あと1週間でいよいよ待ちに待った筑波ツーリストトロフィー。しかし私のマシン、NINJA250SLは先日のスポーツ走行で転倒し、ステップとハンドルバーを破損しています。さくっと修理し、ちょっとしたチューニングを施しましょう!

≫続きを読む

6月11日。サブコン、サブコン!NINJA250SLにサブコンを入れるぜっ

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June(6月場所)まであとわずか!最後の味付けは「サブコン」でございます。サブコン?サブコンピューターチューン。インジェクションはガソリンの吐出量、タイミングをすべてコンピューターでコントロールしています。そのコントロールはエンジンの回転数、クランク角、そして...

≫続きを読む

6月16日。筑波ツーリストトロフィー in June 特別スポーツ走行にNINJ...

さあ、いよいよ待ちに待った今年初レース、筑波ツーリストトロフィー in Juneがやってまいりました!筑波ツーリストトロフィーそのものは4月にもあったのですが家庭の事情(息子の受験、他)で不参加であったため、私の今年初レースです、気合十分!・・・とはいえ、相変わらずの練習不足は否めず、さらにその数少...

≫続きを読む

6月17日。筑波ツーリストトロフィー in June NS2クラス参戦!

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June、いよいよ本番当日がやってまいりました!前日は3本の走行で体は筋肉痛でガタガタ、しかし心地よい疲労もあり10時には就寝。起床時刻の3時半までたっぷり寝られる・・・はずでしたが意外にも伸びないタイムが頭をぐるぐる回りなかなか寝付けず。自動的にイメージトレー...

≫続きを読む

10月8日。袖ヶ浦フォレストレースウェイ マル耐久参戦!

袖ヶ浦フォレストレースウェイ。千葉県の袖ヶ浦市にある、関東からもっとも(?)アクセスしやすいサーキット。選手権やシリーズ戦がないためいまいちマイナーなイメージがありますが、全長2,436m、大小14のコーナーを備える中堅規模の立派なコースです。正直、千葉のド田舎(失礼)にあるだけあって設備はシンプル...

≫続きを読む

11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた...

筑波サーキット。今さら言うまでもなく、関東近辺で最も本格的な名門コース。選手権のようないわゆる「本格レース」以外にも、絶版車の祭典「テイストオブ筑波」やサンデーレーサーの集い「筑波ツーリストトロフィー」などの草レースも盛んです。そんな筑波サーキットで年末に開催される耐久レースが「Force one ...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP