11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた!

【スポンサード リンク】

ただ、ボーゼン。悔しいという感情すらわかず。しかしコレもレース、すべては100%己の責任なのである。

 

筑波サーキット

 

今さら言うまでもなく、関東近辺で最も本格的な名門コース。選手権のようないわゆる「本格レース」以外にも、絶版車の祭典「テイストオブ筑波」やサンデーレーサーの集い「筑波ツーリストトロフィー」などの草レースも盛んです。

 

そんな筑波サーキットで年末に開催される耐久レースが「Force one Fourth」。小排気量マシンの集う年末大感謝祭?

 

参加できるクラスは以下の5クラス。

  • NS2 (Normal Single 2)
  • TN2 (Terminator’s 2)
  • NT2 (Normal Twin 2)
  • N250F (Normal 250 Four)
  • FT2 (Frontier2)

で、レースは混走です。

 

予選は20分、決勝は2時間30分・・・なんですが、予選落ち(あるんですよ)した残念ライダーのために、1時間30分耐久が用意されています。

 

ワタシ?私なんざあ、最初っから1時間30分耐久狙いに決まってるじゃないですか。

 

通常のレースウィークであれば

  • 木曜日:休暇取得、マシン整備+サーキットへ移動、駐車場争奪
  • 金曜日:休暇取得、特別スポーツ走行、前日車検、ライダー受付
  • 土曜日:万全を期して予選+決勝!

となるわけなのですが、おり悪く季節は年末。お仕事の関係で木金の休暇は取れず、土曜日一発勝負となってしまいました。

 

どうなることやら・・・。

 

 

11月24日(金)の夜に帰宅、21時にレンタカー屋へ移動、もはや愛車と化した(笑)レンタル軽トラを拝借。自宅へ移動し機材&マシンを積み込み、つかの間の惰眠を貪り明けて25日(土)3時半起床(歳を取ると早朝起床が苦にならないのだ)。

 

薄暗い国道16号をひたすら北上。

 

もちろん、向かうは聖地、筑波サーキット!!


テント設営、車検、暖機・・・予選は間近だForce one Fourthは忙しいぞ!

 

「Force one Fourth」は耐久レースです、ピット割がありますしそのピットは予選・予選落ちチーム向け決勝・決勝を通して使うことができます。

 

ですので、今回はレンタルガレージを借りず、直接ピット裏にテントを設営しそこをベースとすることに決定。

 

午前6時前、駐車場にメンバー集結。

 

各メンバーそれぞれ筑波ツーリストトロフィーやらテイストオブ筑波やら、桶川のSSキラーズなどで活躍するライダー揃い。レース当日に何をすべきか理解しつくしたメンバーなので、誰かの指示なんてなくても各自めいめいに台車に荷物を積み込み移動の準備。このあたり頼もしい仲間たちです。

 

午前6時、ゲートオープン。

 

1コーナー下のトンネルを抜け、我々に割り当てられた15番ピット裏へ移動。マシンは車検上の前に置いておく。テントを設営しつつ、装具一式を持って車検待ち列の先頭に。わずかな時間しかありませんが素晴らしい効率で作業をこなします。

 

午前7時、車検開始。

 

何度も書きますがワタシこの車検が一番苦手。まあマシンは仕上げてあるので問題ないはずなんですがいつも必要以上にドキドキ。今回はなんと(当たり前!)、指摘なしの一発合格!うーん、なんかいいことありそうだ。

 

午前8時10分の予選開始に向けてマシンを暖機場へ移動。

 

忘れずに冷却水を補充、エンジン始動。ウォーマーでタイヤを温めつつ暖機。さらにラップタイマーの電池を交換。あっという間に時間が迫る・・・

 

暖機が完了した愛機NINJA250SLをピットに収め、その時を待つ。

 



予選はパートナーライダー氏の頑張りでまずます!ですが、まあ予選落ち。

©allsports.jp

 

さあ、予選一組の走行開始!

 

今回はワタシ、そしてパートナーライダーにTOTライダーのK氏を召喚。

 

NINJA250SL走行経験のないK氏に先に、かつ少し長めに走って頂きマシンにできるだけ慣れて頂く作戦。とはいえ、初乗りのNINJA250SLに苦戦をしつつも15秒台前半をキープ。

 

そして私に交代、時間がなく4週のみの走行でタイムアップはできず終了・・・。

 

転倒も多かったし参加台数も少ない、ひょっとして何かの間違いで予選通ってたり???なんて思いましたがやはりの予選落ち、残念!

 

まあある意味想定通り、気分を入れかえて1時間30分耐久に備える!


ブリーフィング・・・

 

Force one Fourthのライダーブリーフィングは、いつものVIPルーム(この名前、どーしても違和感がある・・・)ではなく駐車場脇の体育館で行われます。参加人数も多いですからね。

 

しかしこの季節の体育館は寒い!慣れたライダーさんは銀マットを用意してたりします。こんなの。

 

キャンプ用マット 【Sサイズ】 キャンピングマット180×60cm

 

一つ、トランポに突っ込んでおくといいかもしれません。

 

いつも通りの説明・・・なのですがこのブリーフィングも耐久?いつもよりも長めで入念。ちなみにサーキットアドバイザーはあの「坂田和人」選手でした。かっこいいわああのお方。

 

さて我々予選落ち組、いわゆる「Force2」参加組はブリーフィング後すぐ、1.5時間の決勝のスタート前進行が始まります。ブリーフィングを聞きながらスマホでピットクルーに

  • 燃料満タン
  • タイヤウォーマー電源オン

をお願い。さあ、いよいよだ・・・



僅か20分の決勝、出番なし!

©中尾省吾

 

さていよいよ決勝(ただしForce2)。スタートはTOTライダーのK氏にお任せし、私は第2スティントを担当します。ひとり45分を走り切り1回交換作戦。

 

スタートしてから出番まで少々時間がありますが、なにがあるかわかりませんからツナギに足を通していつでも飛び出せる準備をしながらK氏の激走を見守ります。

 

©allsports.jp

 

なんとNINJA250SLに今日初乗りのK氏(!)、徐々にタイムを詰めて14秒台前半に突入!テイストライダーはだてではございません。おお、こりゃ盛り上がってきた・・・と思った、その時スタートから20分。

 

あ・・・戻ってこない・・・

 

モニター(ピットには端子があり、持ち込んだモニターでラップタイムと順位を確認できます)でどんどん落ちる順位。こりゃトラブルだ。転倒か?

 

ピットクルーに「Kさん戻りません!」と声をかけ、私はツナギのチャックを上げてヘルメット、グローブを装着。

 

するとエンジン音を立てずに滑り込んでくる緑のNINJA250SL・・・帰ってきた!でもなにが??

 

「スロットルワイヤーが切れた!スペアはあるか?!」

 

いや、持ってない。ステップバーくらいしか用意してなかった・・・そう、今日は耐久。それくらいは持っておくべきだった・・・

 

R'S CRAFTのカッツさんが引きと戻しのワイヤー組み換えを狙ってばらしてくださるも、形状が合わずだめ。

 

「無理だ。ダメだね。」

 

この一言で、短い耐久レース、そして今年最後のレースは終わりました。


なんで切れたのかスロットルワイヤー

 

さて、なんでスロットルワイヤーが切れたのか?

 

レース前の公式車検でスロットルの戻りの指摘を受ける可能性があるので、私はレース前の整備で必ずスロットルの戻りは確認しています。その時は妙な手ごたえはなかったはず・・・。

 

そしてNINJA250SLはまだ新しい、新車・・・とは言えませんがまだまだ機構はシャキッとしています。

 

切れたワイヤーの端面をみても、さびている様子はありませんし粉もふいていません。

 

はて?

 

しかし、ワイヤーのチューブ側を見ると・・・

 

 

おわかりだろうか(ドキュメンタリー風)。

 

口金の左側がワイヤーと擦れて、削れています。これだ!ここが擦れて一気に切れたんだ!じゃなんでこんなところが擦れる?

 

原因は恐らく、昨年4月の転倒(4月30日。転倒、そして骨折のマル耐久、汗と涙の袖ヶ浦フォレスト!)。この時にスロットルワイヤーのホルダ部が割れていました。

 


ここね。

 

で、しばらくはそのまま普通に走れてたわけなのですが、今回恐らく割れていた箇所がずれ、ワイヤーの芯がずれ、口金に擦れ、そして恐らく予選+決勝20分で破断した・・・が原因と推察されます。

 

なんでずれたのかなあ、積み下ろしの時かしら。タイダウンで引っかけちゃったかな。昔のバイクはこういうところも鉄だったけど、今は樹脂だもんなあ。

 

いずれにせよ整備不良をまたやってしまいました。パートナーライダーのKさん、ピットクルーのみんな、当日応援に来てくれた仲間たち。本当に、ごめん。

 

さあ、ツナギを脱いでせっかくだから観戦しましょうか。自分が出るはずのレースを1ヘアスタンドで観戦するのも、オツなもんだ(笑

 

 

金網の向こうが、遠いなあ。



Force1の決勝終了!

 

 

そして唯一のリタイアチームの我々を除いてForce2終了。いよいよForce1。

 

が、自分が出てないので端折ります(笑。ファイナルラップまで目の離せない、激しいレースでした。いつかはこっち(Force1)に出るよホント。

 

ピットのNINJA250SLが寂しそう。スロットルワイヤーがぴろーんと出てるのが涙を誘う。

 


軽トラ返して、終了です。

 

今年のレース、終わりました。

 

全開のマル耐(10月8日。袖ヶ浦フォレストレースウェイ マル耐久参戦!)と今回のForce one Fourth、ともに微妙な結果に終わりましたがまあ、単身赴任の今の状態では・・・やむなしかな。続けられるだけで御の字でしょう。

 

ただし、さらに上(伸びしろいっぱいあるぞ)を目指すことは言うまでもなし。

 

とりあえずトランポをゲットして、さらにサーキットに通いやすくするつもり。そしたら桶川スポーツランドも行けますしね!

 

今年もたくさんの方に本当にお世話になりました。

 

  • エースライダーくろすけ氏、私のマシンで14秒前半に入れて頂いてありがとうございます(笑
  • ぽくさん、KYOYAさん、カズさん、聖ちゃん、応援・ピットクルーありがとうございました。皆さんがいらっしゃらなければ僕ら走れません。
  • 超軽合金Zットん!?」の愉快な仲間たち、凄腕メカ「KATS@RS CRAFT」のカツさん。
  • 送り出してくれる嫁さん、息子。

 

レース人生は続きます。


リザルト。

2017耐久茶屋“筑波耐久ロードレース リザルト

予選

51台中47位 1'15"245

Force One-Fourth(予選結果)Weather :晴れ Track :ドライ

決勝(Force2)

11台中11位 1'14"363

Force One-Fourth(Force2 決勝)Weather :晴れ Track :ドライ

※タイトルクリックでリザルトへ。

余談。

筑波サーキットの公式レポートで紹介された我がチーム。

 

 

筑波サーキットさん、パネエっす(笑

【スポンサード リンク】


11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた! 関連記事はこちら

5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げる...

4月はとある事情で参加できなかった、筑波ツーリストトロフィーApril。今年の前半戦はインターバルが短く、次戦はなんと6月。こりゃ、出るしかないでしょ!とはいいつつ、昨年2016年に最後に参加した「筑波ツーリスト・トロフィー in September」では、相変わらずの最下位争いを演じるという、文字...

≫続きを読む

5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。

2017年4月の転倒は私の体に右鎖骨骨折というダメージを与えただけではなく、NINJA250SLのフレームにまで影響を与えていました。とはいえ、ひん曲がったのはステッププレート基部。袋状に溶接されたこの部分、まあモナカみたいなものですから、レーシングバックステップの強靭なプレートと固定ステップバーに...

≫続きを読む

5月27日。NINJA250SLで9か月ぶりに筑波を走るのだ!

いやあもう、9か月ぶり。なんとなく仕事のピークも過ぎ?6月に筑波ツーリストトロフィーも近づいてきたこの頃。このチャンスに走り込んでおく必要がありますよね!というわけで、行ってまいりましたスポーツ走行です。例によって当月予約の走行チケット争奪戦に勝ち抜いてゲットしたC枠走行2本。・・・しかし、27日(...

≫続きを読む

6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。

さあ、梅雨入りです。ですが、あと1週間でいよいよ待ちに待った筑波ツーリストトロフィー。しかし私のマシン、NINJA250SLは先日のスポーツ走行で転倒し、ステップとハンドルバーを破損しています。さくっと修理し、ちょっとしたチューニングを施しましょう!

≫続きを読む

6月11日。サブコン、サブコン!NINJA250SLにサブコンを入れるぜっ

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June(6月場所)まであとわずか!最後の味付けは「サブコン」でございます。サブコン?サブコンピューターチューン。インジェクションはガソリンの吐出量、タイミングをすべてコンピューターでコントロールしています。そのコントロールはエンジンの回転数、クランク角、そして...

≫続きを読む

6月16日。筑波ツーリストトロフィー in June 特別スポーツ走行にNINJ...

さあ、いよいよ待ちに待った今年初レース、筑波ツーリストトロフィー in Juneがやってまいりました!筑波ツーリストトロフィーそのものは4月にもあったのですが家庭の事情(息子の受験、他)で不参加であったため、私の今年初レースです、気合十分!・・・とはいえ、相変わらずの練習不足は否めず、さらにその数少...

≫続きを読む

6月17日。筑波ツーリストトロフィー in June NS2クラス参戦!

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June、いよいよ本番当日がやってまいりました!前日は3本の走行で体は筋肉痛でガタガタ、しかし心地よい疲労もあり10時には就寝。起床時刻の3時半までたっぷり寝られる・・・はずでしたが意外にも伸びないタイムが頭をぐるぐる回りなかなか寝付けず。自動的にイメージトレー...

≫続きを読む

10月8日。袖ヶ浦フォレストレースウェイ マル耐久参戦!

袖ヶ浦フォレストレースウェイ。千葉県の袖ヶ浦市にある、関東からもっとも(?)アクセスしやすいサーキット。選手権やシリーズ戦がないためいまいちマイナーなイメージがありますが、全長2,436m、大小14のコーナーを備える中堅規模の立派なコースです。正直、千葉のド田舎(失礼)にあるだけあって設備はシンプル...

≫続きを読む

11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた...

筑波サーキット。今さら言うまでもなく、関東近辺で最も本格的な名門コース。選手権のようないわゆる「本格レース」以外にも、絶版車の祭典「テイストオブ筑波」やサンデーレーサーの集い「筑波ツーリストトロフィー」などの草レースも盛んです。そんな筑波サーキットで年末に開催される耐久レースが「Force one ...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP