意外にもベテラン勢が支持!安いだけじゃないサスペンション、YSS

【スポンサード リンク】

あなたの愛車を「サーキットマシン」に変えるなら、リアショックの交換は必須ですぜ。

サーキット走行を本気の趣味にしたい!しかも愛車で走りたい!

 

そう思うなら、ある程度のカスタマイズは必須です。しかも、見てくれの盆栽ではない、本気のカスタムが必要。

 

  • バンク角を確保し、確実なステップワークを行うためのバックステップ。
  • 軽量化と抜けの良さを確保するためのレーシングマフラー。

 

そして、もう一つ、三種の神器の最後の一つが

 

  • リアショック

 

です。

 

このリアショック(まあ、フロントも)の選択はあなたが走るスピード域によって「要求される性能」がまるっきり異なります。

 

また、比較的高額なアイテムですからおいそれとはトライアンドエラーを繰り返すわけにもいかず、いきおいネットでインプレをあさることになるのですが・・・

 

  • 乗り心地がよくなった!
  • ふにゃふにゃ感がなくなった!
  • しっかりと路面をとらえてくれる感じ!
  • コーナーでも踏ん張ってくれます!

 

そうじゃないの!

 

はっきり言いますが、最近のマシンなら、そして街乗りならノーマルショックで十分でございます。プリロードはまだしも圧ダンパ、伸びダンパの調整なんて街乗りでは不要。あれは決して乗り心地やら踏ん張りやらを満足させるためのデバイスじゃあありません。

 

そう、フルアジャスタブルサスペンションが威力を発揮するスピード域はもっともっと上にあり、それを発揮できるのはサーキットだけ、なんです。はい、異論は認めます。

 

そして我々が戦場とするサーキットでは当然、公道ではあり得ない走りをするわけでして、その領域ではやはりノーマルサスペンションでは問題があります。筑波1コーナー立ち上がりでボトムっちゃってリアが滑ったり、最終コーナーでピッチングが止まらなかったり・・・

 

そう、サーキットにはさまざまなコーナーがあり、それぞれのコーナーで戦うにはそれなりに性能が高く、それなりにアジャストできるサスペンションが必要です。

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366 ニンジャ250SL

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366 ニンジャ250SL


サーキットマシンに装着するリアサスペンションに求められる条件は?

では、どんなサスペンションを選べばいいのでしょう?

 

独断と偏見でいえば、以下が必要です。

 

  • 車高調整
  • プリロード
  • 圧ダンパ
  • 伸びダンパ

 

まあ、このあたりは大抵のリプレイスリアショックであれば付いてますよね。それ以外に、

 

  • レートの違うスプリングが選べること
  • オーバーホールができること

 

でしょうか。

 

ということで、ヤフオクで売ってるような正体不明のリアサスペンションは、不適なわけです。

 

さらに言えば、

 

  • 手ごろな価格であること

 

そう、リアサスペンションは、あなたがサーキットを走るならばシーズン毎・・・つまり毎年オーバーホールが必須です。必要に応じ数本のレートの異なるスプリングを用意して取り替える必要もあります。そう、高額すぎるリアサスペンションを無理してローンなんて組んじゃったりして手に入れても、性能を発揮させ続けることができないなんてこともあるわけです。

 

ということで、これらの条件を満たし、かつ意外にも(失礼)筑波を走るサンデーレーサー、しかも手練れのレーサーから一定の評価を得ているダークホース的リアショックが「YSS」なんです。


YSSとは?

YSS。

 

1983年にタイに最初の工場が設立された、比較的新しいサスペンションメーカーです。1988年に台湾のパートナーと協業を開始し、2001年にISO9002(品質管理)を取得。2005年にホワイトパワー等から技術者をヘッドハントし、この頃からレーシングサスペンションに力を入れ始めました。

 

日本ではPMCが代理店となり、企画・販売・メンテナンスを行っています。


YSSサスペンション、全景。

これは、比較的安価なモデルである「MX366」。

 

YSSのモノショックには

 

  • ラージボディの506(ピストン径50mm、ロッド16m)
  • スモールボディの336(ピストン径36mm、ロッド16m)

 

の2種類のボディがあり、そして4種類のグレードが用意されています。

 

  プリロード

圧ダンパ

伸びダンパ

車高調整

リザーブタンク接続方式

MG あり

高速:20段
低速:20段

60段 あり ピギーバック
MS あり

高速:20段
低速:20段

60段 あり ホース
MX あり 3段 60段 あり ホース
MZ あり なし 60段 あり なし

 

大きく異なるのは圧ダンパですね。高速/低速に分かれているか否か、そしてその段階が20段階か、3段階か。

 

個人的な意見ですが、サーキットにおける操縦性で重要なのは伸びダンパです。圧ダンパは伸びダンパの入れ方に合わせてバランスを取るくらい。各グレードの価格差がちょうど2万円ですから、2万円出せる方は「MSシリーズ」を、出せない方(ワタシ)は「MXシリーズ」をチョイスするとよいでしょう。

 

ワタシは、MX以上の機能を求めるならば、ナイトロンを奮発しますです。

 

ちなみに重量は2.2kgでした。



アッパー部。

さて、細部をじっくりとみてみましょう。

 

恐らく2017(ジュラルミン)削り出しのボディは、よくできています。見た目重視のカスタムであったとしても恥ずかしい思いはしないでしょう(金色じゃないけど)。

 

一応、メーカー曰く

 

ハウジング摺動面にオイルレスメタルを採用した最高級のロッドエンドベアリングを標準装備

 

とゆーとるのですが、正直オーリンズやナイトロンのくるくる具合と比べると?な感じで、ホントにこれでいいんかいな、という印象。とはいえ、どうせ取付ボルトはグリスアップして組むわけですからまあいいのでしょう。

 

ちなみにナイトロンのロッドベアリングはこんな感じ。

 

 

プリロードはピンスパナなり、丸棒なりを突っ込んで回す無段階調整タイプ。みためはナイトロンそっくりです。なぜか、回り止め用のいもネジが装着されています(オーリンズやナイトロンにはそんなものはない)。

 

このサスペンションはNINJA250SL用で、なぜかアッパー側に車高調整がついています。他の車種用だとロアー側についてるんですが・・・。ひょっとしたら単純に汎用化を意識したパーツ構成なだけで、ここで車高を調整することは想定していないのかもしれません。まあ、恐らくショック長で5mm程度は調整可能と思われます。


ロアー部。

ロアー部は伸びダンパの調整ダイヤルが付いています。これ、なんとなくオーリンズ風。

 

しかし、60段って多すぎますよね。

 

ちなみにこの段数は「一番締めこんでから、緩める方向にカウント」します。



リザーブタンク。

なかなか美しい仕上げのリザーブタンク。

 

残念ながら接続ホースの角度は固定されており、動かすことはできません。

 

とはいえ、あなたが「ガスは抜けないがホースは回る微妙な力具合」でボルトを緩められるならば、動かすこともできるわけですが・・・自己責任で・・・ではなく、やめときましょう。


付属品。

付属品も一通りついています。

 

  • リザーブタンク固定用のステー
  • それを取り付けるためのレンチ
  • プリロード調整用の丸棒

 

ただし、リザーブタンク固定用ステーはそのまま使うとリザーブタンクが傷だらけになりますから、薄手のラバーシート(手っ取り早くやるならビニールテープ)を用意して、タンクを養生して取り付けましょう。

 

ワタシの購入品だけの問題なのかもしれませんが、固定用ステーには2種類のキャップボルトが使用されていますが同梱されているレンチは1本だけ・・・お手持ちのレンチを使用しましょう。


極めて個人的なインプレッション

少々おまちを。執筆中です。


Amazonでは売ってないんだな、これが。

さて、そんな「YSS リアシングルショック MX366 ニンジャ250SL用」ですが、残念なことに現時点、Amazonでは販売されていません。

 

通販であればWebikeさんで購入できます。

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MXシリーズ】 MX366 ニンジャ250SL

 

定価 ¥73,440 が ¥66,096。

 

も一つ上のMSグレード(圧ダンパが高速/低速に分かれているグレードは)

 


YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366

YSS ワイエスエス/MONO LINE リアシングルショック 【MSシリーズ】 MS366 ニンジャ250SL

 

定価 ¥95,040 が ¥85,536。

 

2万円差は悩みますねえ。

 

最後に。

 

結局のところ、サスペンションはあくまでも道具であり、手段です。アレ、目的は?

 

もちろんサーキットにおけるタイムアップですね。

 

だとするならば、使いこなせないパーツは「バラスト」以外の何物でもありません。今の自分に最適な、必要じゅうぶんなリアサスペンションを悩んで悩んで見つけてくださいね!

 

私はもし「YSS リアシングルショック MX366 ニンジャ250SL用」に不満を感じるような腕になったら、ナイトロンを投入します。

 

SRX用のコイツを改造して・・・その時には、比較レポートをいたします。気長にお待ちください。

 

【スポンサード リンク】


意外にもベテラン勢が支持!安いだけじゃないサスペンション、YSS 関連記事はこちら

PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2

筑波ツーリストトロフィーにおいて、とあるクラスにおいてはほぼ装着率90%を以上を誇るスーパータイヤ!。逸品度:・・・凄い、素晴らしい。これ以上なにが必要なの?というミラクルタイヤ!PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2。V1から熟成を経てリリースされたV2。公道走行可能ながら、個人...

≫続きを読む

ONLY STYLE 車中泊専用マット

我ら多忙なサラリーマンライダー。どうしても前日入り車中泊早朝より走行のパターンは外せませんね!なにかと便利なピットを取るためにも、車中泊は必須なわけです。

≫続きを読む

レンタルバイクガレージ スペースプラス

あなたの大切なレーサー、どこに保管しますか?市販車と異なりバイクカバー掛けて家の前に路駐・・・というわけにはいかないですよね。手塩にかけて高額なパーツを付けた世界に一台の愛機。場合によってはキーシリンダーも外しちゃってハンドルロックすら掛からない!なんてマシンを所有している方もあるわけで、がっちりと...

≫続きを読む

なぜかAmazonで激安?!ヤマハ発電機EF900FW

サーキット走行を本気の趣味にしたい!そう思ったら、必要なものはいろいろあるんですがまず欲しいのがタイヤウォーマー。ワタクシ的に超お勧め、まさに一択のタイヤ「PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2」は言うに及ばず、大抵のハイエンドハイグリップタイヤは「タイヤウォーマー」の使用が前提に...

≫続きを読む

恐らく世界で一番安いMFJ公認ヘルメット、MHR LS2 BLAST

サーキット走行を本気の趣味にしたい!それも、できるだけ安全に。そう考えたら「体を守る装具」には一切手抜きをすべきではありません。革ツナギ、チェストパッド、脊髄パッド、グローブ、ブーツ、そしてエアバッグ。そしてもっとも大切な頭部を守るものが「ヘルメット」です。最も大切な頭部を守るものですから、最高品質...

≫続きを読む

意外にもベテラン勢が支持!安いだけじゃないサスペンション、YSS

サーキット走行を本気の趣味にしたい!しかも愛車で走りたい!そう思うなら、ある程度のカスタマイズは必須です。しかも、見てくれの盆栽ではない、本気のカスタムが必要。バンク角を確保し、確実なステップワークを行うためのバックステップ。軽量化と抜けの良さを確保するためのレーシングマフラー。そして、もう一つ、三...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP