突如降ってわいた、3年の単身赴任。

 

そう、レースはグリッドに立つ前から始まっている。コース上で華々しくバトルを繰り広げ表彰台を狙うのもレースなら、「走り続ける」「挑戦し続ける」こともまたレースなのだなのだ!

 

さあ、俺はどーする?


2016年のサーキット日記。記事一覧

私ごとではございますが、2015年7月より某所へ単身赴任しております・・・。悲しき会社員、業務命令は絶対。さてどうするか・・・今まで通りのレース活動は望めません。毎週土日は帰宅できるとはいえ、当然家族サービスも大事。レースに費やせる時間は、今までのなん分の一だろう?減らせるものはなんだ。練習・・・は減らしたくないが止むをえまい。あとは整備?しかしSRX250の整備は減らせない・・・ということは?は...

©allsports.jpえ、いまさら4月30日のレースレポートだって?遅すぎない?そう、いつも筆が(キーボードが?)重くそれほど速いタイミングで記事をアップしない私なのですが、それにしても遅い。そう、それには理由があるんです・・・。やってしまいました。クラッシュ、そして骨折です。

さて、ご存じの通り?某レースで右鎖骨を骨折してしまったワタシ。不幸中の幸い、ゴールデンウィーク初日での怪我ということもあり、仕事には全く影響を出さなかったのですが流石に骨折は重傷、全治2か月との診断でございました。うーん、全治2か月・・・6月の筑波ツーリストトロフィーは参加できないなあ、でも9月には楽勝だねっ!っと思っていたのですが・・・。残念ながらまだお医者様からは鎖骨バンドの取り外し許可は頂け...

さあ、いよいよ筑波サーキットで開催される、筑波ツーリストトロフィーSeptemberの当日です!決勝当日のレポートはもはやマンネリの感ございますが、例によって早朝自宅出発の図、でございます。ただ愛車はレンタカーの軽トラック!しかし、空身の軽トラックってものすごくクイックに走りますね(笑。午前3時半出発、一路筑波サーキットへレッツゴー!!

4月の転倒・骨折を理由にするわけではありませんが、活動がかなり希薄な一年となってしまいました。でも、新規投入のNINJA250SL。まだまだ友達になり切れていませんが、できる範囲でできることをひとつずつ。かつ、歩みを止めない。そんなことを再確認した一年でした。

関連コンテンツ