バイクで走れるサーキット紹介!

サーキットに行ってみようかな?と思ったら。

 

まずは身近なサーキットのWebサイトを見て、なにかイベントをやっていないか探してみましょう。貸切日でもない限り、大抵は気軽に見学することができます。

 

大きな国際級サーキット、小さな身近なサーキット、探すといろいろあるものです。関東近辺のサーキットについて、筆者が行ったことがあるコースを簡単にご紹介。

 

どんなところ?ライセンスはどうやって取るの?走行するにはどうしたら?どんなバイクで走れるの?そんな疑問に一発回答?


あなたもバイクで走れるサーキット紹介!最初は誰でも初心者です。記事一覧

1970年6月22日オープンした、歴史あるサーキットです。関東近辺からも近く、また全長2,070mという比較的短く、かつテクニカルなコースが数多くの名勝負を演出してきた・・・そうです。鈴鹿、富士と比較してその名前はそれほど普段耳にすることはありませんが、今なお多くのライダー、ドライバーが日々通い詰めて腕を磨いている、活気のあるサーキットです。我々サンデーバイクレーサーの立場で言えば、比較的安価な走...

2009年9月オープンした、比較的新しいサーキットです。館山自動車道の姉ヶ崎インターチェンジから15分という地の利の良さで、関東近辺からのアクセスは容易です。コース長は2,436mと筑波サーキットにも劣らない長さ、地方によくあるショートコースではありません。コンパクトなレイアウトながらコーナーが14もあり、また適度にアップダウンしているため腕の見せ所が多いコースです。この画像は名物ターンである「ギ...

埼玉県桶川市の河川敷に存在する、比較的こじんまりとしたサーキットです。東北自動車道の久喜インターチェンジから30分。少々道が迷いやすいですがここも関東近辺からのアクセスは極めて容易です。コース長は840mと少々短め、いわゆるミニサーキットにカテゴリしたくなるようなコース。いわゆる「新コース」と呼ばれる中型車以上用コースはトリッキーなコーナーが10レイアウトされており、その激しさはマッドマウス(○○...

サーキットは限られたエキスパートのためだけにあるのではありません。誰でもはじめは初心者。仮にあなたがサーキットビギナーだとしても、十分な準備と十分な意欲を持ってさえいれば、温かく歓迎してくれるはずです。しかし、安全管理は万全といえどやはりリスクのある刺激的なスポーツ。「初心者だから」では済まされない、守るべき・気を付けるべき注意事項は存在します。そんな「これからサーキット」な初心者のあなたに贈る、...

関連コンテンツ