ゴールデンウィークのはざまにお休みを取って、筑波サーキットへGO!

私にしては珍しくピットを取って、さあ5月の月一練習を行います。

 

やはりタイムを上げるには練習しかないよね。
  ↓
でも月イチ以上回数は増やせないよね。
  ↓
だったら1回あたりの走行量を増やすしかないよね。

 

という、ごく当たり前の結論により今日はC1,C2,C3,C4、全4本を走ります!イエァ!

 

なので、長丁場ですからピットを確保したというわけで。お隣には筑波TTの表彰台常連ライダー、M選手がいらっしゃいました。



いきなり14秒台!

いいじゃんいいじゃん!

 

いきなり14秒台入りました!しかしM選手のチェックも入りました!師、曰く・・・。

 

  • ツーリングじゃないんだから、ちゃんと縁石にタッチしないとだめ。
  • 1コーナーの入り方がだめ。(実際には詳しいアドバイスを頂きましたがナイショよ)
  • 最終コーナーの走り方についていろいろ。(同上)

 

ちゃんと走れば、まだまだ秒単位で縮まるはず!とのこと。

 

うーむ、よし今日はまだまだ枠があるから走り込むぞ!と思いきや・・・タイムはどんどんドロップ。どうやらクラッチが滑り始めたようです。やれやれ。






今年の汚れ、今年のうちに?

というわけではありませんが、やはりその日のうちに原因は確認して・・・できれば部品発注しておくと何かと捗ります。

 

自宅に帰ってさっそくクラッチを見てみましょう・・・どうやらこの三千円エンジン、生産されていから一度も開けられていないようです(アタリ?)。

 

うーむ、クラッチプレートにも目でわかるような傷はありませんね、酷い時は焼付いた痕跡がわかるんですけど。なんとなく、スプリング交換だけで治りそうな気もしましたがインシュレーターの教訓を踏まえ、

 

  • スプリング-コンプレッション
  • プレート-クラッチ
  • プレート-フリクション

 

をすべて交換。

 

これでも1万2千円程度で済んでしまうのがシングルクォーターのいいところ。トラブルを練習で出せたのも、成果のうちでしょうかね?


関連記事