6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。

【スポンサード リンク】

筑波ツーリストトロフィーまで、あと1週間。修理とちょっとしたチューニングを。

 

さあ、梅雨入りです。

 

ですが、あと1週間でいよいよ待ちに待った筑波ツーリストトロフィー。しかし私のマシン、NINJA250SLは先日のスポーツ走行で転倒し、ステップとハンドルバーを破損しています。

 

さくっと修理し、ちょっとしたチューニングを施しましょう!


ます、曲がったステップを修正します。

 

転倒は筑波サーキットの第2ヘアピン。一次旋回をきつめにとって、立ち上がりの加速区間を長くとろうとしての握りゴケ。なさけない・・・

 

幸いフルバンクで一番減速しているところでしたからコテンとコケただけで済み、破損個所は限られています。

 

まずはブレーキペダル。

 

ストライカーのステップは哀れこんな姿に。そしてステップバーもねじ山部を壊して脱落してしまいました(が、ワイヤリングをしていたためコース上にパーツを残さずに済みました。ワイヤリングお勧めです)。

 

べダルは買うと高いので・・・



プレスで治します。12tプレス、一つ持っているととても便利。

 

これくらい曲がってしまうと、鉄ハンマーでガンガン叩いてもなかなかうまく伸びてくれません。

 

使用するのは12トンプレス。えープレスなんてもってないよ、とおっしゃるかもしれませんが恐ろしく安い値段で入手できます。

 

当て板を当てながら複数回に分けて少しずつプレス機で押します。

 

数分の作業でこの通りに。

 

 

なんと2万円切ってるんですわ。

 

 

12t 門型油圧プレス機 ショッププレス 赤


取り付けます。

 

欠損したステップバーと先端のバーを、パーツショップで仕入れました。ステップバー、高いですねー!

 

組み付けて位置合わせ。うん、ばっちりです。

 

ステップバーの取付けの際は、緩み止め剤を入れておきましょう。ステップバーの走行中の緩みは致命的(まともに走れない)ですし、結構起きるトラブルです。

 

脱落防止のためにワイヤリングもお忘れなく。

 

これでステップは修理完了!

 



次、NINJA250SLのハンドルバーを交換します。

 

次はハンドルバーです。

 

純正のハンドルバーは比較的軽量でなかなか良好なのですが少々根性が足りず、転倒するたびに必ず曲がります(笑。

 

なのでこの際にアフターパーツのハンドルバーに交換します。

 

有名メーカーのハンドルバーはリッチ過ぎ(大抵2万円台後半)でとても手が出ないので、ここは思い切ってAmazonで販売されている格安ハンドルバーに手を出します。

 

コレ↓です。

 

 

クリップオンセパレートハンドル セパハン 37φ 37mm 37パイ アルミ削りだし シルバー

 

基本的にワタシは中華パーツには手を出さないのですが、コレはあたりでした。


(恐らく)中華セパレートハンドル、これはイケる。

 

材質は2017かな?ハンドルバーは6000番台の予感。まあ、必要充分です。

 

特筆すべきは加工精度。このクランプ部の肉抜きを見てください。

 

 

綺麗に3DCNCで抜かれています。

 

取り付けてみましたが、この肉抜きはシビれますね~。カッコいいです。

 

 

ノーマルよりも若干低いポジションとなりますがそれはかえってありがたい、次回走行(特別スポーツ走行)が楽しみですね。



ハイスロットルを入れます。

 

純正チューンです。

 

ノーマルのスロットルだと、ヘアピンの立ち上がりでスロットルを握りなおさねばならず少なくないタイムロスとなっていました。

 

これを解消するために、ハイスロットルを入れます。が、NINJA250SLはスロットルハウジングとスイッチボックスが一体になっていますから、別ボディのハイスロットルを入れるとスイッチボックスからやり直す必要があります(まあ大した手間ではありませんし、キルスイッチとスタータースイッチしかないシンプルなハンドル回りはカッコいいんですが)。

 

そこで入手したのがコレ、ZX-6Rのスロットル。

 

カワサキ純正 グリップ アッシー スロットル 46019-0020

 

NINJA250SLの純正と比較すると、コレくらい違います。

 

 

これは楽しみです、握り直しなくスムースに加速できる!かな?


さあ、明日はいよいよアレを入れて、準備完了です!

 

これで車体回りは準備完了。

 

明日はフロントブレーキの掃除をして、アレをインストールして・・・これで私の筑波ツーリストトロフィー in Juneの準備は終わり。

 

いよいよ、ですね。


【スポンサード リンク】

よく読まれています!


6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。 関連記事はこちら

5月20日。筑波ツーリストトロフィー6月場所参戦、Ninja250SLを仕上げる...

4月はとある事情で参加できなかった、筑波ツーリストトロフィーApril。今年の前半戦はインターバルが短く、次戦はなんと6月。こりゃ、出るしかないでしょ!とはいいつつ、昨年2016年に最後に参加した「筑波ツーリスト・トロフィー in September」では、相変わらずの最下位争いを演じるという、文字...

≫続きを読む

5月21日。NINJA250SLの曲がったステッププレートを治す。

2017年4月の転倒は私の体に右鎖骨骨折というダメージを与えただけではなく、NINJA250SLのフレームにまで影響を与えていました。とはいえ、ひん曲がったのはステッププレート基部。袋状に溶接されたこの部分、まあモナカみたいなものですから、レーシングバックステップの強靭なプレートと固定ステップバーに...

≫続きを読む

5月27日。NINJA250SLで9か月ぶりに筑波を走るのだ!

いやあもう、9か月ぶり。なんとなく仕事のピークも過ぎ?6月に筑波ツーリストトロフィーも近づいてきたこの頃。このチャンスに走り込んでおく必要がありますよね!というわけで、行ってまいりましたスポーツ走行です。例によって当月予約の走行チケット争奪戦に勝ち抜いてゲットしたC枠走行2本。・・・しかし、27日(...

≫続きを読む

6月10日。筑波サーキットで転倒したNINJA250SLを修理する。

さあ、梅雨入りです。ですが、あと1週間でいよいよ待ちに待った筑波ツーリストトロフィー。しかし私のマシン、NINJA250SLは先日のスポーツ走行で転倒し、ステップとハンドルバーを破損しています。さくっと修理し、ちょっとしたチューニングを施しましょう!

≫続きを読む

6月11日。サブコン、サブコン!NINJA250SLにサブコンを入れるぜっ

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June(6月場所)まであとわずか!最後の味付けは「サブコン」でございます。サブコン?サブコンピューターチューン。インジェクションはガソリンの吐出量、タイミングをすべてコンピューターでコントロールしています。そのコントロールはエンジンの回転数、クランク角、そして...

≫続きを読む

6月16日。筑波ツーリストトロフィー in June 特別スポーツ走行にNINJ...

さあ、いよいよ待ちに待った今年初レース、筑波ツーリストトロフィー in Juneがやってまいりました!筑波ツーリストトロフィーそのものは4月にもあったのですが家庭の事情(息子の受験、他)で不参加であったため、私の今年初レースです、気合十分!・・・とはいえ、相変わらずの練習不足は否めず、さらにその数少...

≫続きを読む

6月17日。筑波ツーリストトロフィー in June NS2クラス参戦!

さあ、筑波ツーリストトロフィー in June、いよいよ本番当日がやってまいりました!前日は3本の走行で体は筋肉痛でガタガタ、しかし心地よい疲労もあり10時には就寝。起床時刻の3時半までたっぷり寝られる・・・はずでしたが意外にも伸びないタイムが頭をぐるぐる回りなかなか寝付けず。自動的にイメージトレー...

≫続きを読む

10月8日。袖ヶ浦フォレストレースウェイ マル耐久参戦!

袖ヶ浦フォレストレースウェイ。千葉県の袖ヶ浦市にある、関東からもっとも(?)アクセスしやすいサーキット。選手権やシリーズ戦がないためいまいちマイナーなイメージがありますが、全長2,436m、大小14のコーナーを備える中堅規模の立派なコースです。正直、千葉のド田舎(失礼)にあるだけあって設備はシンプル...

≫続きを読む

11月25日。筑波サーキット Force one Fourthでがっくりしてきた...

筑波サーキット。今さら言うまでもなく、関東近辺で最も本格的な名門コース。選手権のようないわゆる「本格レース」以外にも、絶版車の祭典「テイストオブ筑波」やサンデーレーサーの集い「筑波ツーリストトロフィー」などの草レースも盛んです。そんな筑波サーキットで年末に開催される耐久レースが「Force one ...

≫続きを読む

「自作野郎ぜっ!」はこのツールを使用して作られています。


選ばれるにはわけがある・・・ 筆者が「短期間で」「簡単に」「美しい」Webサイトを作れた理由はコイツなんです!そして、SIRIUSを選択した最大の理由は・・・ 本気で知りたい方は、バナーをクリックせよ!
SIRIUS

ご質問、タレこみはこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。

最新記事

メニュー


PAGE TOP