時間が取れないからこその、言い訳しないで済むように。

どうしても不安のあったリアショック。

 

ここのポイントは「不満」ではなく「不安」である、ってことです。不満を明確に感じるくらいなら、感じることができるくらい経験と腕があるならば躊躇なくアフターパーツのリアショックをとっくに投入しているわけです。

 

私の腕ではリアが滑る現象が腕なのか、バイクなのか判断できません。

 

が、

 

  • 乗って楽しいマシンじゃないと、タイムは出ない
  • 不安のあるマシンでは、攻めきれない
  • 言い訳できないように思いっきりいいパーツを入れてみるべきでは

 

など葛藤を繰り返し、3MAベースの改造リアショックを入れ替えることを決意しました。

 

選択肢はそれほどなく、またいろいろ流用できることはわかっていましたが明確に「SRX250用」として入手可能なものは

 

  • オーリンズのトシテックオリジナル
  • ナイトロンの特注

 

しかありません。たまたま筑波サーキットでナイトロンのブースにお邪魔してご相談させて頂いたご縁で、ナイトロンを選択することになりました。

 

ここからがすごい!

 

私なんざ、この時点で1分19秒しか出したことがないトンデモないくらいの甘々ライダーなわけです。

 

お前さんにウチのショックなんてまだいらないよ、って言われても仕方ないくらいなんです。が、ナイトロンのご担当者様はこんな私にも電話で長時間打ち合わせをしてくださり、さらに現在にショック(あまり見せたくない改造ショック(笑)をお送りしてそのデータを取得、今の体重等と目標タイム(1分15秒としました)を説明、最終的な仕様を固めました。

 

そして届いたリアショック。

 

こだわりのビギーバックとターコイズブルーカラーが超お気に入り!

 

さあ、まあ頑張りましょうか!







関連記事