11月29日。筑波耐久レース、FOFに参戦!ウェットレースで奮闘!

【スポンサード リンク】

2014年最後のレース。筑波耐久、Force one Fourth参戦!

さあ、いよいよ今年最後のレースがやってまいりました。

 

筑波サーキットで開催される2日開催の耐久レースイベント、「耐久茶屋」内で開催される「Force one Fourth」。

 

筑波ツーリストトロフィーレギュレーションの「NS2・TN2・NT2・N250F・FT2」それぞれのクラスであれば参加可能なこのイベント、決勝は2.5時間を走る耐久レースです。予選通過可能台数は40台。今回は80台近くがエントリーしておりかなり狭き門となっております。が、心配はご無用、予選落ちした場合は1.5時間の予選落ちレースが用意されています。

 

まあ、予選通過できるかどうかは兎も角、全力で楽しく走りましょうかね!

 

耐久というだけあってチームを2名以上で組まないとならない、我が「RTほたるいかZ」のメンバーで筑波を走るライダーがいないため一時は参加不能かと危ぶまれましたが、「超軽合金zットん!?」のTOTライダーくろすけさんが手を挙げてくださいました!胸を借りるつもりでエントリー完了。

 

レース前日の金曜日、お仕事をお休みさせて頂いて特別スポーツ走行に参加!ピットGetのために深夜より出発~


特別スポーツ走行は抑え気味に・・・。

無事ピットも確保できました。

 

前回のオイルブロー、一応ピストンリングを交換して修理は完了したものの、どうもいまいちパワーが出ていないような・・・。特にバックストレッチエンドでの回転数が落ちているような気がします。まあ、とりあえずパワー感はなくとも壊れるような兆候はありませんし、どうせ明日(本番)の天気は雨間違いなしのありがたい予報が出ちゃってますのでキャブセットもいじることもなく、押さえ気味に各部をチェック。

 

が、急にクラッチが滑るというトラブルが発生・・・またか!

 

しかーし!今回から投入している秘密兵器「スペアエンジン」が功を奏しました。流石にエンジン積み替えは面倒なのでクラッチカバーを開けてスペアエンジンからクラッチプレート、フリクションプレートを取り出して20分で移植、無事特別スポーツ走行の2本目を走り切りました。

 

やれやれだぜ。

 

マシンをガレージにしまって本日は終了。

 

ほんと、最近のトラブル続き(いや、今日もクラッチ壊れたけどさ)のレースに比べると余裕の夕方を過ごすことができました。さーて本番は明日だ!



予選はドライで始まったが・・・

予選は8時からスタート。

 

台数が多いため予選は1組と2組に分かれています。我々は1組。空はまだ曇天、路面はほぼドライ。

 

非常に難しいタイヤチョイス。何しろ今回は予選落ちって壁がある、できることならばドライの内にいいタイムを出して少しでも上位のタイムを出してしまいたい・・・どんなにテクニックに差があって、もちろんドライコンディションの方がはるかにいいタイムが出やすいのです。

 

スマートフォンのアプリで雨雲レーダーを見る(すごい時代になったものです)、この調子なら少なくとも予選前半はもつんじゃないか・・・?予選1組が前半ドライ、後半ウェットなら予選2組はフルウェット。2組の方には申し訳ないが我々が有利だ!

 

チームメイトのくろすけさんと相談、よし、我々はドライで行こう!

 

レインタイヤを組んであったマシンに飛びついてドライタイヤに変更!ウォーマーを巻いて短い時間だけでも少しでもタイヤを温めて予選開始時刻を待ちます。

 

が・・・

 

ぽつり、ぽつりと雨。

 

予選開始時には残念ながら完全な雨となってしまいました。予選1組でレインタイヤをチョイスしたチームと、ドライタイヤをチョイスしたチームで明暗が分かれてしまいました。

 

ここ、ちょっとだけ解説します。

 

レギュレーションで使用できるタイヤは

 

  • ドライタイヤ:予選・決勝を通じて1セットのみ(車検時にスタンプを押して厳しくチェックされる)
  • レインタイヤ:予選・決勝を通じて使用制限なし

 

となっています。とはいえ、大抵のチームはレインタイヤもワンセットしか用意していません(これを甘さと呼ぶならそれもアリ)。本決勝に進むことができれば、その走行時間は2.5時間。速いチームであれば、ドライだろうがレインだろうがタイヤワンセットでギリギリ持つ時間です。できるだけタイヤは温存したい。そして決勝の天気は間違いなく雨。

 

曇天でスタートした予選一組。多くのチームは予選をドライタイヤで走ることを決意。

 

しかし、気まぐれな天候はその決意を裏目にひっくり返したのでした・・・。

 

予選通過はもうほとんど難しい状況になりましたが、ドライタイヤでおっかなびっくり取りあえず時間一杯走ります!しかし。

 

結果は68台中66位、あえなく予選落ち。

 

無念。しかしコレもレース。

 

予選落ちではありますが「コンソレーション(慰め)レース」が1.5時間耐久として用意されています!コンソレーションでもレースはレース、頭を切り替えて29台のレースに挑みます!


決勝!

コンソレーションレースは11時15分からの開始。

 

13時から始まる決勝と違ってバタバタと進行します。前日車検ではOKだったリアブレーキがレース前車検で指摘を受けグリッド整列に手こずるというトラブルが発生、結局そのままでOKとなって(いったいなんなんだ・・・)バタバタ具合に拍車を掛けます。何とかゲートオープンに間に合いグリッドへ。

 

29台中28台目。前が長いなあ~。

 

しかも耐久のスタートは安全のため2段階(30秒間隔で15台ずつ)のスタートとなるため、さらにトップは遠のきますね。

 

我々は2名でチームを組んでいますから、45分×2スティントにわける作戦で行きます。第一スティントはTOTZERO4ライダー、くろすけさん。見事なスタートダッシュで5台前後をごぼう抜き!豪雨の中、冷静に周回を刻んでいきます。あまりの雨に視界は悪化、緊急ピットインするチームもちらほら。

 

さあ、私の担当スティント直前です。

 

雨量が減らない事から体を冷やさないためにレインスーツ(つまりはツーリング用カッパ)を着用することにしました。すべての装具を付け、曇り防止にヘルメットの鼻の上あたりをガムテープでシール。これで多少はスクリーンの曇りが抑えられるでしょう。

 

さあ、くろすけさんが入ってきました。不要とは思いましたがガスチャージを行います。ピットクルーのぽくぽくさんが燃料担当、私は作業完了を待ってマシンを受け取り、ピットアウト!

 

耐久レースですから作戦は「カメさん作戦」です。もちろんできる限りのアベレージ速度を維持しつつ、転倒やクラッシュのリスクをとにかく回避。まずは体とタイヤ(ピットインで少なからず冷える)を温めるために数週は落ち着いてコースに慣れます。うん、レインタイヤは思った以上に食いつくな・・・急な操作を避けながらもストレートは目いっぱい伏せて全開!

 

体も慣れてコーナリング速度も少しずつ上がってきます。明らかに遅い車両はコーナー立ち上がりとストレートを利用して、あまり速度差のない車両は裏ストレートで追いついて最終コーナーでアウトからパス、という作戦で8台前後をパスしたでしょうか?

 

そしてあっという間の45分、栄光のチェッカー!

 

そうです、チェッカーはたとえ優勝しなかったとしてもすべての完走ライダーにとって「栄光のチェッカー」なのです。今年はDNSばっかりだったからな、なんとか最後はチェッカーを受けられたなあ・・・と柄にもなく少しだけじーんとしてしまいました。

 

各コーナーのポストのマーシャルさんもありとあらゆる旗を振って拍手を送ってくれています。観客席のオーディエンスの方々も立ち上がって拍手をしてくれています。

 

手を振りかえしつつピットへ。

 

どんな結果であろうとも、走り切った満足感は変わりはありません。25秒くらいでてたよー、えーそれ悪くないジャン、なんてマシンを取りにピットロード出口まで迎えに来てくれたクルーのおまさんと会話しつつピットに戻ります。

 

チームメイトの39号車「軽合金Z@もさお.orz(CBR250R)」はベストラップ1分18秒174で見事3位の表彰台Get!
同じくチームメイトの2号車「超軽合金Z@R'sクラフト(SRX250)」は1分21秒701で7位。

 

そして我々は・・・25号車「RTほたるいかZットン!?」、29台中15位!ベストラップはくろすけさんの1分23秒409。

 

真ん中じゃないすか、万年最下位の私にとっては上出来の結果です!

 

くろすけ氏と「男と男の固いハグ」をかわして万歳!



リザルト。予選、定位置のドベ2なれど、コンソレーションレースは快走の29台中15位!

2014耐久茶屋“筑波耐久ロードレース 《 Force One-Fourth 》

予選

66位(68台中) 1分28秒081

Force One-Fourth(予選) Weather :雨のち曇り Track :ウェット

コンソレーションレース

15位(29台中) 1分23秒409

NS2/Force2(決勝) Weather :雨 Track :ウェット

※タイトルクリックでリザルトへ。

 

くろすけさん、タッグを組んで頂いていありがとうございました。ぜひ、来年もお願いします!
ぽくぽくさん、ピットクルーをやって頂きありがとうございました。無事レースを終えることができました。
おまさん、M谷さん、いつもピットクルーありがとう!皆がいなければ私は走れません。
愛すべき超軽合金Zの面々、ヘルパーの皆さん、遠くからありがとうございます。

 

また、一緒に戦いましょう!

 

お友達のレース参加レポートはこちら:

  • 39号車「超軽合金Z@もさお.orz(CBR250R)」はベストラップ1分18秒174で見事3位の表彰台Get!

    もさお.com 筑波FOF!!

  • 2号車「超軽合金Z@R'sクラフト(SRX250)」は1分21秒701で7位。

    それさえもおそらくは平穏な日々 2014年 耐久茶屋 Force One-Fourth


【スポンサード リンク】

よく読まれています!


11月29日。筑波耐久レース、FOFに参戦!ウェットレースで奮闘! 関連記事はこちら

1月4日。一年の計は元旦から!まずはマシンメンテナンス。

新春あけまして整備を行います。しかし寒い!ガレージ欲しいなあ・・・。フロントベアリングチェック&シール撤去。ブレーキピストン掃除と揉み出し、パッド交換。これで0.2秒くらい短縮できるかな!リア周りももちろん、同じメニューを行います。ベアリングってホント大事で、気のせいでもプラシーボでもなくベアリング...

≫続きを読む

1月13日。筑波サーキットC1、C2で走り初め!のはずが・・・

さあ新年早々、13日(月)にC1とC2を走行でーす。1コーナーの減速を奥に持って行って、手前の緩いトコをぐーんとスピードが十分残った状態やり過ごして?奥のきついトコでぐわーんとコーナリングフォース掛けるのが目標です。などと、能天気に準備します。楽しみだなあ~mixiで「路面温度も低いと思いますので、...

≫続きを読む

1月15日。点火系統チューニング。の構想

コレ・・・TRX用に買っておいたダイレクトイグニッション。始動性向上に貢献するらしい・・・使えるかな?!ER-6nの場合 ◆ IGコイル (A) 1.1~1.5 Ω (B) 10.8~16.2 kΩTRX850の場合 ◆ IGコイル (A) 3.4~4.6 Ω(20℃) (B) 10.4~15.6 ...

≫続きを読む

2月11日。2回目の月一練習、筑波サーキット!のはずが。

さらに積雪増えておりまして。。。自転車のホイールが半分埋まっております。オールテレンの4WDでも厳しいんじゃないかしら。筑波HPに11日の走行は中止と出てます、ってことで、2月練習はキャンセルでーす。これも波乱の2014年の兆候だったのか?

≫続きを読む

3月8日。筑波サーキット練習走行、筑波ツーリストトロフィー1週間前!だが。

たいてい、月イチ練習を欠かさず走ろうと試みているワタシ。しかし、2月は降雪(しかも40cm位積もった!)で走ることができず、あっという間に年3戦の筑波ツーリストトロフィー3月場所(2013年度最終戦)か近づきました。これじゃ練習不足だってんで1週間前の週末、3月8日にCを2本確保。いつも通り3時半起...

≫続きを読む

3月15日。筑波ツーリストトロフィー3月場所参戦、DNS。

なぜ書かないのか?と言われました。なぜかといえば参加できなかったからなんです。15日の筑波ツーリストトロフィー、結論から言えばDNS、そう、Domain Name Server、ではなくてDo Not Start、決勝グリッドに並ぶことができませんでした。原因は予選で発覚したクランクケースに入ったク...

≫続きを読む

4月20日。SRX250の腰下をオーバーホールする。

3月15日の筑波ツーリストトロフィーの予選でオイル煙を吹いてあえなくDNSとなった我がSRX250。修理をするこの機会に、腰下オーバーホールを行うべく意を決してエンジンを開けました。詳しい経緯はこちらに。その「オイル煙」の原因となったクラックは、セルモーター裏側からクランクシャフトベアリングハウジン...

≫続きを読む

5月3日。袖ヶ浦フォレストマル耐久に参加。

さあ、今日は恒例、袖ヶ浦フォレストレースウェイにおける、マル耐の日ですっ!結構雨が多いマル耐ですが、奇跡的な(?)晴天です。組み上げたエンジンのシェイクダウンを兼ねています、バランスを取ったクランクシャフトがどう回るのか、とても楽しみですね・・・取りあえずピット設置が完了したので、さっそくエンジン始...

≫続きを読む

5月23日。本格的にマシンを早くするためには・・・FCR?

あっという間に2014年も前半終了間近。ちょっと考える。本当はもっと腕が上がってから、と思っていたFCR。よく考えたら導入するなら「今でしょ!」なんじゃないのか?ストレートが遅いマシン、もちろん前のコーナーの立ち上がりですごく差が開くことはわかっている。でも、筑波サーキットのバックストレッチでのあの...

≫続きを読む

6月18日。筑波ツーリストトロフィー6月場所へ向けて、マシン整備。

筑波ツーリストトロフィー6月場所へ向けて、整備を行います。しかし、2週間前にやる作業じゃないよな・・・。実は?この記録、当時の日記(mixiやFacebook等)を見ながらリライトしています。当時はそれなりに一生懸命やってるつもりですが、見返してみると練習は少ないですし、準備もギリギリすぎですね。こ...

≫続きを読む

6月23日。袖ヶ浦フォレストレースウェイで練習。できず。

6月は梅雨の季節。雨が降ったからといって走らないようでは、月一レーサーの私としては1ヵ月開いちゃうのはもったいない、限られた時間を有効に生かすためにはそれなりの準備が必要だよねっということで、スペアホイールレインタイヤを用意しました。なんとこのスペアタイヤはNS2の神様、S野さんからお譲り頂いたもの...

≫続きを読む

6月27日。筑波ツーリストトロフィー6月場所、特別スポーツ走行。

今年のレースはどうもパリッとしない。パリッとしないどころか上半期を終えて筑波ツーリストトロフィー3月場所・・・DNS袖ヶ浦フォレストレースウェイマル耐5月場所・・・転倒リタイヤとまともに参加できたレースがゼロ、という悲惨なありさま。これはツイてない・・・ではなく、事前準備の不足であろうと判断し少々職...

≫続きを読む

6月28日。筑波ツーリストトロフィー6月場所、レース当日!平凡な記録に沈む。。

2014年6月のツーリストトロフィーに参加してまいりました。結果から言えば最下位脱出、周回遅れ脱出はしたもののひそかに狙ってた16秒台どころかベストラップ19秒台という、なにが起きたのだというがっくりタイムで終わりました。いや、もちろん楽しかったです。何とか仕事仲間の理解を頂き事前練習(袖ヶ浦ですけ...

≫続きを読む

7月23日。袖ヶ浦フォレストレースウェイで練習。

行ってきました。結論から言えば1'25"5で0.4秒ベスト短縮、FCRを突っ込んだにしてはしょぼいタイムアップですが、コンスタントに25秒後半~26秒前半で周回できるようになったのは進歩だと素直に思います。進歩と言えば!超速のCBR軍団が来ていて、定期的にラップされるのですがせっかくなのでラインを勉...

≫続きを読む

8月29日。SRX250の気になっていたメータの位置を修正する。

とても気に入っているKOSOのRX2-NR GP-Style Race Tachometer。海外amazonで購入するとかなりお得に購入できちゃうこのメーター、回転数表示のレンジも装備も充実していて(アナログタコ、デジタルタコ、油温、シフトタイミングランプ等)装着も簡単、とても使いやすいです。が、...

≫続きを読む

8月30日。筑波サーキットC枠走行。ベストラップ更新セリ。

8月も終わり近く。前日の予報では雨、当日も朝は路面がぬれていたのですが筑波サーキットに近づくにつれ乾く路面。おお、これアタリじゃない?との予想はズバリ的中。晴天の筑波サーキットで一人練習走行です・・・と思っていたのですが、NS2チャンプのN野氏がいらっしゃいました。二人並んで最終コーナー内側に陣取り...

≫続きを読む

9月6日。筑波ツーリストトロフィー9月場所に向けてマシンを整備する。

今まではノーマルのリアスプロケット、50丁を使用していました。いまいち、コースにあってない(吹けきらない)時もあり調整したいな、とも思っていたのですが何しろ走れば走るたびにタイムもラインもバラバラと変わるため、もう少し落ちついたら変えようと思っていました。先日の筑波サーキットC枠練習走行でチャンプN...

≫続きを読む

9月12日。筑波ツーリストトロフィー9月場所、特別スポーツ走行。

さあ、待ちに待った筑波ツーリストトロフィー、9月場所です!ベストラップも15秒台に突入、しかもまだまだ詰められる手ごたえアリ!15秒は大したタイムじゃありませんが、それでも「最下位」になるタイムではないのです。やっとこれで俺も「レースに参加」できちゃうかも!最下位脱出できるかも!それは私自身の悲願で...

≫続きを読む

9月13日。筑波ツーリストトロフィー9月場所参戦、またしてもDNS。

当日朝。いつも通り3時半起床、4時出発。現地(筑波サーキット)5時半着を目指して同伴者兼カメラマンの息子と移動開始。レース当日の筑波サーキットはエンジン始動は「暖気場」に制限される(ガレージでのエンジン始動は厳禁)なため、道すがらのガソリンスタンドで給油がてらエンジン始動チェック・・・だめだ、始動し...

≫続きを読む

9月28日。筑波サーキット練習走行。DNSを避けるためにできること。

30xカムだけ取り付けてとりあえずの走行ですが・・・。やはり1号機のバルブガイド打ち替え バルブAll新品交換 シートカット&摺合せ ・・・等々を行ったエンジン比べると明らかにパワーがありません。だって最終コーナー後半でどんどん回転が落ちちゃうんだもの。怒りのシフトダウンを食わせてもあちこちでリズム...

≫続きを読む

10月19日。今年何度目かの腰上オーバーホール。

カズさんから譲り受けた程度良好のNewヘッド、こちらを1号エンジンに移植して、復活させます。前回の走行で2号エンジンをモノにするためにはかなりの手間(腰下全バラクランクケースバランス取り等)が必要であると判断、2号エンジンはあくまでも「スペア」として保持し、やはり手塩にかけた1号エンジンを復活させる...

≫続きを読む

10月25日。筑波サーキット練習走行。リニューアル1号エンジンとニュータイヤと。

今、筑波ツーリストトロフィー、そしてテイストオブツクバでほぼ100%(言い過ぎ?)の装着率を誇る「PIRELLI DIABLO SUPERCORSA V2」。以前よりレースのお友達からそのお話を伺っていたのですが、なんとなく国産タイヤを履きたくて、また私のタイムではα13で限界などはるか先にあるだろ...

≫続きを読む

11月9日。筑波サーキットにてテイストオブツクバへ初参戦(ただしピットクルー)

テイストオブツクバの朝は早い・・・。お友達があの「テイストオブツクバ」に参加するそうです。その台数、なんと4台!これは手伝いに行かなきゃいけないでしょう!私はピットクルーライセンスは持っていませんが、2,000円の費用を追加するだけでピットクルーパスを発行してもらうことができます。当日早朝入りで筑波...

≫続きを読む

11月22日。袖ヶ浦フォレストマル耐久に参加。クラス3位!

最近修理してばっかりだなオレ・・・。10月25日の走行でまたしても白煙を吹いた1号エンジン、いろいろ考えましたがまずはピストンリングのみ新品交換することで様子を見ることにしました。オイル交換のサイクルももっと頻繁にすることにしました。いちいち躓かないと反省しないのが私の悪いところですが、こうやって一...

≫続きを読む

11月29日。筑波耐久レース、FOFに参戦!ウェットレースで奮闘!

さあ、いよいよ今年最後のレースがやってまいりました。筑波サーキットで開催される2日開催の耐久レースイベント、「耐久茶屋」内で開催される「Force one Fourth」。筑波ツーリストトロフィーレギュレーションの「NS2・TN2・NT2・N250F・FT2」それぞれのクラスであれば参加可能なこのイ...

≫続きを読む

12月28日。2014年、筑波サーキット走りおさめ!

本当は11月末のレース、FOFで2014年の筑波サーキットは走りおさめかな、と思っていました。年末は何かと忙しいですし、、年始早々に行動再開!と思っていましたから。ところが何気なく筑波サーキットの「予約受付スケジュール」を眺めていたら、あれ、12/28にC枠があるじゃないですか。さっそく「自動予約シ...

≫続きを読む

2014年度総決算。

2012年はレースの扉を開いた年。2013年は、レースを1年やり通した年。そして2014年は「レースに苦しんだ1年」でした。転倒、クラッシュ、エンジンブロー。そして2回のDNS。こういうこともある、ツイてない、で済ませてしまえばそれまでですが、やはり原因は私の取り組み方、姿勢、準備にありました。そう...

≫続きを読む

最新記事

メニュー


PAGE TOP